YG期待のグループ!iKONファンクラブ「iKONIC(アイコニック)」が誕生

10月3日にソウルオリンピック公園体操競技場でデビューコンサート「SHOWTIME」を開催し、華々しいデビューを飾ったiKON

デビューハーフアルバム「WELCOME BACK」を発表し、音楽配信チャートや音楽番組でも、先行公開曲「趣向狙撃(MY TYPE)」がいきなり1位を獲得するなど、まさにモンスター新人グループとも言える躍進が期待されています。

そんなiKONですが、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」で放送されている、「OPENING CEREMONY」生放送中に、ファンクラブ「iKONIC(アイコニック)」が誕生したことを電撃発表し、ファンを驚かせました。また、iKONのファンのことを「長いので『コニック』と呼ぶ」とリーダーのB.Iが付け加えました。

コニックなら気になるiKONのファンクラブ「iKONIC(アイコニック)」。今回はデビュー直後の彼らの活躍について迫りたいと思います。

iKON1
(出典:twitter)

ファンクラブ「アイコニック」が誕生!iKONのシンボルマークも公開

iKON2
(出典:twitter)

デビューハーフアルバム「WELCOME BACK」の初公開を数時間後に控えた9月30日。

iKONメンバーはNAVERのライブ映像配信アプリで放送されている番組、「OPENING CEREMONY」を生放送しました。自分たちで手掛けた曲について、思いを話すiKONメンバーたち。

番組の進行はバスの中で行われておりましたが、バスは彼らが所属するYGエンターテイメントの社屋前で停車。その場にいた大勢のファンの前に現れるというサプライズプレゼントを行いました。突然現れたiKONメンバーたちに、現場の騒然とする様子が番組で放送される場面も。

そして大勢のファンの前で公式ファンクラブ「アイコニック」が誕生したことを報告。その場にいたファンだけでなく、番組を視聴していたファンもこの突然のサプライズにびっくり。併せて、iKONのファンの愛称を「コニック」と名づけたことも発表されました。

また、番組中には、リーダーのB.IがiKONのシンボルマークも発表。7人のメンバーを表す、7つのスラッシュで構成されているiKONのシンボルマークは、デビューハーフアルバム「WELCOME BACK」のCDの背表紙にもデザインされています。CDを並べるとシンボルマークが登場する、というデザインはファンの間でも注目を集めています。

iKON3
(出典:twitter)

デビュー直後のiKON、ファンクラブと共に公式ペンカフェにも目が離せない!

iKON4
(出典:twitter)

公式ファンクラブ「アイコニック」誕生を発表し、ファンを驚かせたiKON。すでに様々なイベントなどにも出演し、コニックは彼らを見るために忙しい毎日を送っているようです。

iKONのイベントに参加するためには、iKONの公式ペンカフェに入会しないといけません。他のアーティストも同様ですが、公式ペンカフェに入会し、正会員になると、音楽番組の観覧やイベントへの参加の申請が出来たり、公式ペンカフェでしか公開されない情報がゲット出来るなど、ファンにとってはペンカフェは欠かせない存在です。

現在は、iKONのペンカフェはまだ韓国のファンしか登録が出来ないようになっています。登録を進めていくと実名確認手続きが必要になるため、残念ながら海外のファンはiKONのペンカフェにはまだ入会は出来ません。ちなみに、実名確認手続きがされると「iKONのWARM-UP SINGLE曲のタイトルは?」というクイズが出され、正解すると見事、会員として登録されるそうです。

しかし、韓国で活躍するアーティストのほとんどは海外のファンでも公式ペンカフェに入会出来るようになっています。グローバルに活躍する予定のiKONも、海外ファンがペンカフェに入会出来る日がやってくると思われます。

ファンクラブ誕生にファンも歓喜のiKON、デビューコンサートでは圧倒的なステージを披露

iKON5
(出典:twitter)

10月3日にソウルオリンピック公園体操競技場でデビューコンサート「SHOWTIME」を開催したiKON。

韓国では最大規模とも言われる、オリンピック公園体操競技場でデビューコンサートが行われるのは、韓国の音楽史上初めて。あのEXOですら、デビュー2年で「EXO FROM. EXOPLANET #1」を行った会場なので、iKONが怪物級の新人であることがうかがえます。

2度のデビューサバイバルプロジェクトで、ファンの前では何度かステージを披露する場があった彼ら。デビューが決まってからも、先輩であるBIGBANGの前座を務めるなど、大舞台を踏む機会もありました。しかし、iKON単体として自らの名前を掲げたステージに立つのはこれが初めて。iKONのステージを待ち望んだ1万3千人のファンを前に「WELCOME BACK」の楽曲を中心に披露しました。

あまりの興奮に倒れてしまうファンも続出し、コンサートが15分ほど中断してしまう事態も発生しましたが、彼らの強烈なパフォーマンスは伝説とも呼べるほどの印象を残しました。彼らのデビューを長く待ち望んだファンたちへのメッセージに思わず涙を流すiKONメンバーでしたが、彼らの力強く、迫力のあるパフォーマンスは、先輩BIGBANGに劣らない立派なステージだったのではないでしょうか?

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。