長寿K-POPアイドル「神話」、17年続く人気の理由とは?

1998年にデビューして以来、高い実力で今もなお根強い人気を誇る男性アイドルグループ「神話(シンファ)」。

デビューして17年、韓国男性アイドルグループとしては最も長く活動し、「最年長アイドルグループ」「祖先ドル」と呼ばれ愛されています。

アイドル活動が盛んで入れ替わりが早く、長年人気を得続けるのは非常に難しいと言われる韓国音楽業界。本日は神話が長年に渡り愛され続けている理由を探りたいと思います。

神話
(出典:Twitter)

神話の人気理由「歌って踊れる」元祖アイドル!

H.O.T、Sechs Kiesに続き元祖アイドルと呼ばれる神話。今のダンスグループの基盤を作った立役者の1グループでもあります。

メンバーの全員が「歌って踊れる」というのは、今でこそアイドルグループの常識となっていますよね。ですが当時はそういうグループは少なく、アイドル1世代の神話はまさに「歌って踊れる」グループでした。

そしてただ「歌って踊れる」だけではなく、メンバーそれぞれの実力もかなり高いと言えます。歌、ダンス、ラップ、どれを取ってもハイレベルな実力であるということが、神話が長年に渡り人気を得てる理由の1つです。

神話の人気理由「アイドルの定番を覆し、常に新しいアイドル像の演出」

神話2
(出典:Twitter)

90年代後半に活動したアイドルの曲の出し方にはトレンドがあり、タイトル曲でシリアスさを演じ、後続曲で可愛さを出すというのが定番でした。そこで神話は新しい試みを取り入れ、シリアスな曲の後に更に印象的なダークな曲を選んだり、ファンの投票で曲を選んだりと、当時の定番を覆した楽曲選びをしていました。

またアイドルが持つイメージに「男性美」を追加したのも神話で、アイドルの中で初めて上着を脱ぎ、「獣(チムスン)ドル」というジャンルを確立しました。

アイドルの定番に添わず常に新しいアイドル像を演出することで、ファンの期待を越え続けた神話。これも長年愛されている理由の1つです。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。