SMTでも!?東方神起ライブでの警備員の神対応がヤバいと話題

韓国、日本にとどまらず、ワールドワイドに活躍する世界的トップスター東方神起

特に日本での人気は目まぐるしいものがあり、老若男女問わず、そしてたくさんの記録を塗り替えるほどの人気ぶりです。また東方神起のライブの日には、グッズ購入完全制覇を目指して夜な夜な並ぶファンが続出。会場周辺はトンペン、トンペン、トンペンのお祭り騒ぎです。

そして東方神起のライブ会場で大きな役割を担っているのが警備員の方たち。長蛇の列を整備したり、ファンを会場へ誘導したりと、とにかくお祭り騒ぎが安全で楽しい1日でいられるように警備に徹してくれています。

そんな警備員の対応が今ファンの間でとても注目されています。本日は東方神起の警備員の神対応についてご紹介したいと思います。

まさに神対応!東方神起の警備員!その①

2015/4/2、東方神起が兵役前に日本で行う単独ライブ最後の日。

2人の勇姿を見納めようと、東方神起のファンは東京ドームにごった返していました。なかなか会場へ入らないファンを見兼ねて、警備員がこんな一言。

これはちゃんと聞かないといけませんね。トンペン、警備員の神対応にしてやられたという感じです。

まさに神対応!東方神起の警備員!その②

こちらは先日東京ドームで開催された、SMTOWN2015での一言!

こちらも警備員のファン心理を掴んだ神対応です。「どうして君を好きになってしまったんだろう」も東方神起の人気曲ですよね。

こんなことを言われたら、早く入場して座席で考えていようかな…と、ちょっと思ってしまうかもしれません。こうして東方神起ネタをうまく絡めてファンの心をくすぐるあたり、かなりのセンスです。それとも、警備員さんたちもトンペンだったりして…。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。