BIGBANGのあの2人がトムジェリカップルと呼ばれる理由は?

「BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN」が発表され、日本でのドームツアーが待ち遠しいBIGBANG

最先端の楽曲とビジュアルで大人気の彼らですが、リーダーのG-DRAGONと、マンネ(末っ子)のV.I.は「トムジェリカップル」と呼ばれているのはファンにもお馴染みです。

今回は、二人がトムジェリカップルと呼ばれる理由と、トムジェリカップルのエピソードをご紹介します。

BIGBANGのG-DRAGONとV.I.の「トムジェリカップル」はこうやって生まれた!

ファンの間でも話題の、G-DRAGONとV.I.の「トムジェリカップル」。

二人はニョントリカップルとも呼ばれています。G-DRAGONの本名のジヨン→ヨン→ニョン。そしてV.I.の本名のスンリは「勝利」という意味があり、英語のビクトリー→トリ。この二人の名前を足して、ニョントリカップルと呼ばれています。

では「トムジェリカップル」という名前はどこから生まれたのでしょうか?これは、BIGBANGと同じYGのガールズグループ、2NE1の番組「 2NE1 TV」内でBIGBANGが担当していたコーナーから生まれました。

コーナー内で、2人が住んでいる部屋をサプライズで訪ねたYGのヤン社長。驚きつつも、部屋の中を案内します。そして、カメラに向かって挨拶した二人は自分たちのことを「トムとジェリー」と紹介しました。ここから、トムジェリカップルと呼ばれるようになった、G-DARGONとV.I.。

しかし、このトムジェリカップル、いつも負けるのはトムだと、二人は語っています。

BIGBANGのトムジェリカップルはこうやって出会った

BIGBANGのG-DRAGONとV.I.のトムジェリカップル。二人の出会いについてこんなエピソードがあります。

G-DRAGONは13歳の時から6年間YGの練習生としてデビューへのレッスンに励みました。YGの練習生の中では末っ子だったG-DRAGON。その時に練習生としてやってきたV.I.に、G-DRAGONは最初はあまりいい印象がなかったとトーク番組で語っています。

6年間やってきた自分が急に見知らぬ練習生とレッスンを受けるのは納得いかないと、出会って3か月はG-DRAGONはV.I,の存在を全く認めず「透明人間として扱われていた」とV.I.は話しました。

しかし、当時大人気だったドラマ「宮」にハマっていた二人は、ドラマの話をきっかけに急接近。それまで練習生の中でも末っ子だったG-DRAGONは、自分より年下の後輩練習生V.I.を可愛がるようになりました。このようなほほえましいエピソードがきっかけで現在のトムジェリカップルに至るわけです。

Kぽペンにシェアして教える!

みんなのコメント(コメント:1)

  • BIGBANGのジヨンは、本当に中国のLIVEで中指を立てられたのですか?

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。