東方神起と衣装デザイナーを結ぶ、10年間の絆に感動!

東方神起がデビューをして10年。

一躍世界的トップスターへと登りつめた東方神起ですが、その道のりには紆余曲折がありました。そして今年はついにユノが兵役へ…。辛い時も幸せな時も、そんな東方神起を陰ながら10年間支え続けた人がいます。

今回は、長年東方神起を支え続けた衣装デザイナーさんについてご紹介したいと思います。

東方神起を支え続けた衣装デザイナーとは

ユンホの入隊が決定し、東方神起にとって20代最後のコンサートとなった「T1STORY」。

そんな彼らをデビューのときからおよそ10年間支え続けているのが、スタイリストで衣装デザイナーでもあるチョン・ボユンさんでした。ロンドンプライドという会社の代表を務めるボユンさんはスタースタイリストと呼ばれ、スタイリスト界の大御所でいらっしゃいます。

そんなボユンさんが、感極まって思わずinstagramにその思いを綴りました。

大御所衣装デザイナーが綴る、東方神起への思いとは…

Instagramで公開されたメッセージを意訳してみました。東方神起と過ごした10年間の思いがぎゅっと詰まっています。

unuumma(ロンドンプライド代表チョン・ボユンさん。ユンウくんのママ)

「0614私たちユンウインスタだけど…あまりにも意味深い日だったから!私の東方神起に感動を受けた日だったから!記録を残したくてスペシャルにユンウがいない写真ですが上げます。

1集「HUG」の時から今まで11年を共にしたユンホとチャンミンが…嬉しいこと悲しいことも共に過ごしてきた歳月…私が直接お世話をすることができなかったことも多いし、私に名残惜しいことも多いでしょう。お姉さんは感謝の気持ちでいっぱいだよ!最終的にはコンサート最後のステージを見てダメなおばさんは涙をこぼしました。集まりの席で兵役から戻っても必ず一緒にしようという言葉にまた涙して…ユンウを妊娠したとき、二人の東方神起として出てくるとても重要なときに、太鼓腹なお姉さんに、いや私たちのロンドンプライドを信じ任せてくれて本当にありがとう!

相変わらず練習の虫である君たち、以前から変わらない君たち、そして両親や家族にも親孝行な君たちを見て、お姉さんはユンウがあなたたちのように成長してほしい。もちろんルックスとスタイルも!兵役に行って2年後にファンにもっと素敵なステージを披露してね!

We are T! T1ST0RY アンコールコンサート 打ち上げでたわいもない話をしたけど ユノヤ チャンミナ愛してる マジだよ! 元気に兵役を終わりますように 面会に行くよ! 」

とても強い思いを感じるこのメッセージ。きっと我が息子のように可愛がってきたに違いないですね。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。