BIGBANG×上野樹里のドラマ「手を繋いで」が気になる

BIGBANGT.O.Pと上野樹里が共演するドラマ「手を繋いで」がクランクインし、ソウル市内での仲睦まじい撮影の様子が注目を集めています。

BIGBANGのメンバーとしてグローバルな活動をする他、俳優としても話題作にも多数出演するT.O.P。そして、「のだめカンタービレ」など話題作に多数出演し、日本国内でも人気の上野樹里。そんな日韓で人気の俳優2人の共演は、韓国だけではなく日本でも話題になっています。

一体どんなドラマに仕上がっているのでしょうか?今回は2人が出演するドラマ「手を繋いで」についてご紹介します。

BIGBANG T.O.Pと上野樹里の共演にファンも注目

BIGBANGのT.O.Pと上野樹里が共演するドラマ「手を繋いで」。それぞれ別の人生を過ごしていた、韓国人男性ウヒョンと日本人女性ハルカ。二人の男女がふとしたことから出会い、初恋の痛みを克服し、新しい恋を探していく物語です。

6月初旬からソウル市内で行われている撮影では、撮影中の二人の仲睦まじい様子も見られ、和気あいあいと撮影が行われているようです。またこのドラマの為に韓国語を勉強した上野樹里は、韓国語で冗談を言えるほどになったと、ドラマの監督が話しています。

ファンもドラマに注目している声が沢山聞かれています。

人気者の二人の共演に、ファンからもドラマを楽しみにする声がネット上にもたくさん上がっています。

一年近い企画期間を経て叶ったBIGBANG T.O.Pと上野樹里の共演

日韓の男女がふとしたことから出会い、新しい恋を探していくドラマ「手を繋いで」。BIGBANGのT.O.Pと上野樹里という、日本でも人気の二人が共演するとあって、注目を集めています。

実はこのドラマ、1年間近い企画期間を経てプロジェクトが制作に入った作品だと制作陣が話しました。企画当初から、T.O.Pと上野樹里の出演ということで企画が進められ、やっと撮影に入り、注目される作品にしたいと、スタッフたちも気合が入っているそうです。

ハルカ役の上野樹里は「のだめカンタービレ」のヒロイン役として韓国でも人気を博し、実力や人気が今回このドラマの出演に繋がったのかもしれません。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。