東方神起をライブで味わえるサラウンドビューイングが凄い!

6/14に韓国・ソウルオリンピック公園体操競技場で開催された東方神起「TVXQ!SPECIAL LIVE TOUR – T1ST0RY -&…!」。昨年12月に行われた彼らの単独コンサート「T1STORY」のアンコールコンサートとなるこの公演がついにファイナルを迎えました。

東方神起(TVXQ) と「HISTORY」、デビュー10周年を意味する数字“1”と“0”を組み合わせて名づけられたこのタイトルは、東方神起の10年間の集大成とも呼べるコンサートでもあり、チケットは即日完売。また、ユノが7月の入隊を発表したため、東方神起の単独コンサートとしては入隊前最後ということで、プレミアな一夜となりました。

日本では全国の映画館でのライブビューイングと、東京・新木場でのサラウンドビューイングが行われました。世界初の「サラウンドビューイングライブ」とは一体どんなものなのか?紹介していきたいと思います。

東方神起が世界初!新木場Studio Coastで上映されたサラウンドビューイングとは

生中継映像を使った世界初とも言われる「サラウンドビューイング」ですが、一体ライブビューイングとは何が違うのでしょうか?

サラウンドビューイングとは、S.M.ENTERTAINMENTがコンサートと情報通信技術を結合させた新しいライブビューイングのシステム。

客席に向かって3面のワイドスクリーンを設置し、まるで現地にいるかのような躍動感に満ちた迫力のコンサートを体験することができます。

東方神起サラウンドビューイングの魅力①3面スクリーンが臨場感バツグン!

通常のライブビューイングとは違い、3面のワイドスクリーンを設置し、まるで現地でコンサートを見ているかのような臨場感あふれるライブビューイングが体感できる、サラウンドビューイング。本物のライブのような臨場感で、新木場が大盛り上がりとなりました。

このサラウンドビューイング、実はお披露目イベントとして、4月に、チリ、ソウル、長崎のハウステンボスにあるSMTOWN THEATRE(期間限定)にて、収録映像を使って公開されました。

サラウンドビューイングは録画中継だけではなく、全世界どこでもリアルタイムでライブ中継も可能です。そのため、地理的に遠くて公演などを公開できなかった地域など、全世界においてより便利で、いきいきとしたK-POPの公演コンテンツを楽しむことができる新しいシステムということで、全世界で注目されています。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。