超新星ソンモ主演!ミュージカル「太陽を抱く月」に期待!

2014年11月には東京で、そして今年、2015年2月大阪で上演され大盛況のうちに幕を閉じた超新星のソンモ主演で話題のミュージカル「太陽を抱く月」がいよいよ7月、東京にやってきます。

最高視聴率なんと驚異の42.2%、平均視聴率は32.9%を記録、2012年度の韓国歴史ドラマ視聴率ランキング第1位という、スゴい記録を打ち立てたドラマのミュージカル版です。超話題のこちらの公演情報、見どころなどをご紹介したいと思います。

ミュージカル「太陽を抱く月」公演情報&あらすじ

今回の公演は全部で6回。チケットは大争奪戦になること間違いなしです。

■韓国ミュージカル「太陽を抱く月」公演概要
【公演日時】
7/24(金)昼公演14:00/夜公演18:30
7/25(土)昼公演12:30/夜公演17:00
7/26(日)昼公演11:30/夜公演16:00
※全6回公演、開場は開演の30分前を予定
※上演時間は約2時間30分(休憩含む)
※未就学児童の入場は不可
※韓国語上演、日本語字幕あり。
【会場】Zepp ブルーシアター六本木(東京都港区六本木5-11-12)
【チケット料金】全席指定13,000円(税込)
【出演者】ソンモ、他
(引用元 : EUNHASU ENTERTAINMENT)

EUNHASU ENTERTAINMENTのHPによると、「プレゼントBOX」コーナーも設置されるそうなので、生もの以外のプレゼントをキャストに届けてもらうこともできるようです。気持ちが届くとうれしいものです。

さて、話題の「太陽を抱く月」とは?日本ではドラマで知っているファンの人も多いことでしょう。舞台は朝鮮時代。運命の恋人たちの切ないお話。ミュージカル版はとにかくその音楽が魅力的なんです。バラードからラテン音楽、そして現代的なメロディーもふんだんに取り入れられています。

舞台セット、衣装は色鮮やかで思わず目がキラキラしてしまいます。そして、何より、切ない恋人たちを見て胸がキュンとしてしまうそんな場面が連続でやってくるので、韓国ドラマ好きならこのミュージカル版も絶対楽しめます。

ミュージカル「太陽を抱く月」主演はソンモ!

主人公イ・フォンを演じるのは、ソロデビューも決まりミニアルバムも発売予定という超新星のソンモです。

前回の上演時には、「重々しく、カッコイイ王様役をやりたいと思っていた。新しい自分が見せられるかも」という言葉通り、しっかりとクールな王様役をさらりと演じていました。メンバーのソンジェが主演を務めたミュージカルということもあって、気合の入り方もより一層だったのでしょう。今回も安定した演技が期待できそうです。

見どころはなんといっても歌とダンス。切ない愛の物語に思いっきり胸キュンしちゃいましょう。

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。