防弾少年団カムバで1位獲得!3rdミニアルバムはひと味違う?

2月に開催された、「防弾少年団1st JAPAN TOUR 2015『WAKE UP:OPEN YOUR EYES』」では約2万2,000人を動員し、そのライブ映像が5月に発売!ということで、カムバの防弾少年団の活動はどんどん活発になっていくようです。

8月のサマソニにも出演が決定!そして6月にはシングル購入者を対象にしたイベントも開催予定と、会えるチャンスがたくさんあってファンには嬉しい限りです。

さて、今回は4月29日(水)に発売された、3rdミニアルバム「花様年華 pt.1」についてご紹介していきたいと思います。ミニアルバムとなっていますが、収録曲は全部で9曲、そして全メンバーが作詞・作曲に参加しているという気合の入った作品、中身はどんなものになっているのでしょうか?

防弾少年団がニューアルバムで見せる新境地

バッキバキのダンスでパフォーマンスというイメージの強い防弾少年団ですが、アルバムのプレビュー映像を見てもわかるように、今までとは少し違っている!と第一印象で感じた方、多いのではないでしょうか?

「学校3部作」プロジェクトが終了し、少年から青年へと成長した防弾少年団が、今度は「青春2部作」としてのプロジェクトの第1部として、発表したのが今回のアルバム。「花様年華」は誰もが知るあの有名な映画のタイトルで、「最も美しい瞬間」という意味です。

アルバムのコンセプトは青春ですが、それをそのまま使わずに、語感がいい「花様年華」をタイトルにしています。

そして、5月8日のミュージックバンクでタイトル曲の「I NEED YOU」が、なんと1位を獲得!受賞コメントの様子がが感動的です。びっくりしている姿が可愛いですね。

防弾少年団ニューアルバムのタイトルチューンは?

切なさ満載のタイトルチューン「I NEED YOU」。メンバーのRAP MONSTER曰く、メロディーのはっきりとした感性的な曲です。歌詞がとにかく切ないのです。基本的にはもうすでに終わっている状態の恋を、どうにかしてもう一度掴み直そうとする…そんな気持ちがたっぷりと詰まっています。

青春は美しいと同時に、どこか切なくて、寂しくて、影のような部分があるもの。青春のラブストーリーといえば甘くなりがちですが、独特の危うさなども表現されています。

今までにはちょっとなかったタイプの楽曲「I NEED YOU」。ライブでは、柔らかい動きのダンスなどにも注目!ということです。Vは、「愛」を歌う自身のパートに注目して欲しいとコメントしているので、ライブでは特に注目してみましょう!

防弾少年団ニューアルバムではメンバー全員がクレジットに

3rdミニアルバム - 花様年華 pt.1(ランダムバージョン)(韓国盤)をAmazonでチェック!

今までと違うのは、ボーカルラインであるジン、ジミン、V、ジョングクもプロデュースや作曲のクレジットに名を連ねたということ。まさに全員参加でのアルバムでのカムバ。そして、男前路線から、ちょっと柔らかいイメージへとコンセプトを変えていく感じ。初めてのことが多い印象ですが、それも防弾少年団の成長の証です。

パワーアップしてファンの前に戻ってきてくれたということで、喜びもひとしおといった感じでアルバムを堪能できると思います。

防弾少年団と同世代の人はまさに今青春真っ只中!という気持ちで聴くことができ、「花様年華」を過ぎてしまった人は、あの頃…と懐かしみながら聴くことのできるそんなアルバムです。

▶︎3rdミニアルバム – 花様年華 pt.1(ランダムバージョン)(韓国盤)をAmazonでチェック!

防弾少年団の他のオススメ記事

防弾少年団のアルバム曲をライブで聴きたい!

いかがでしたか?チケットキャンプでは、防弾少年団が出演予定の「SUMMER SONIC 2015」のライブチケットを取り扱い中です。アルバムを何度もリピして、万全の状態でライブに参戦しましょう!

Kぽペンにシェアして教える!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。