野田秀樹は日本を代表する芸術監督であり、俳優、劇作家、演出家である。1983年に第27回岸田国士戯曲賞を「野獣降臨(のけものきたりて)」で受賞し注目を集めた。1976年に劇団夢の遊眠社を結成し1992年に解散するまで公演回数は43回、総ステージ数は1205回を数え、全ての観客動員数を合計すると80万人を超えるほどの人気を誇った。 2014年には1986年に「夢の遊眠社」で上演された「小指の思い出」が蘇ります。

小指の思い出の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

小指の思い出の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小指の思い出のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

小指の思い出について

小指の思い出の魅力とは

2008年4月には東京芸術劇場初代芸術監督に就任するとの発表、顧問から芸術監督に就任し以降、東京芸術劇場では野田が過去に発表してきた傑作を気鋭の演出家とともにシリーズ公演を行ってきた。2010年に松尾スズキ演出で多部未華子らが演じた「農業少女」、2013年にはマルチェロ・マーニ演出で実力派女優の毬谷友子・奥村佳恵による2バージョンで「障子の国のティンカーベル」が上演されチケットを手にした観客を満足させた。2014年、続く第3弾は、1986年に「夢の遊眠社」で上演された「小指の思い出」である。「マームとジプシー」で才能を開花させた藤田貴大の演出で美しい詩が会場を包む幻の少年当り屋の物語が蘇る。チケットはS席、A席で25歳以下割、高校生割、65歳以上割などを用意し全席指定で9月29日から10月13日に上演される。

小指の思い出が好きな方はこんなチケットもおすすめ