徳島交響楽団は徳島を中心に活動するアマチュアオーケストラである。1971年に徳島市民管弦楽団として発足。その後1982年に徳島交響楽団と改名した。年に1度の定期演奏会を開催しており、第1回は1972年に開催し、ベートーベン「交響曲第5番運命」、「ヴァイオリン協奏曲」、「エグモント序曲」を披露した。2015年までに44回の公演をし、毎年9月の開催で定着している。その他にもニューイヤーコンサートやチャリティコンサートを始め、様々なコンサートを開催。徳島で開催された国民文化祭において開会式や閉会式にも出演した。2008年には徳島交響楽団ジュニアオーケストラを設立し、青少年の育成に努めるなど、徳島交響楽団は社会貢献事業にも積極的に取り組んでいる。

徳島交響楽団の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

徳島交響楽団について

徳島交響楽団とは

徳島を中心に活動するアマチュアオーケストラ、徳島交響楽団は発足当時の1971年には徳島市民管弦楽団として活動していたが、その後1982年に徳島交響楽団と改名している。
年に1度の定期演奏会を開催しており、第1回は1972年に開催し、ベートーベン「交響曲第5番運命」、「ヴァイオリン協奏曲」、「エグモント序曲」を披露した。2015年までに44回の公演をし、毎年9月の開催で定着している。
更に定番なのは1983年に郷土文化会館主催で初開催したニューイヤーコンサートだ。第1回は、チャイコフスキー「組曲 くるみ割り人形」、モーツァルト「フルートとハープのための協奏曲」を演奏し、現在はトヨタ協賛の下「トヨタコミュニティーコンサート・トヨタファミリーコンサート」として開催している。
その他、「JTふれあいコンサート」や「ゴールドブレンドコンサート」、「チャリティー・スプリングコンサート」やかぐや姫合唱団と共演した「文化庁文化体験プログラム支援事業 オペラってどんなもの? 」などその活動は多岐に渡っている。

徳島で開催された国民文化祭において開会式や閉会式にも出演。2008年には徳島交響楽団ジュニアオーケストラを設立し、青少年の育成に努めるなど、社会貢献事業にも積極的に取り組んでいる。

徳島交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ