「神家の七人」は、2017年11月に上演される宝塚歌劇団専科公演である。時代は第二次世界大戦。軍隊に参加していたイヴァンが終戦を迎え、故郷のボルチモアに帰ってきた。しかしそんな彼を待っていたのは突然の父の死であった。父が起業していた「ターナーズコーポレーション」の跡取りとして社長就任を余儀なくされたイヴァンだが、その企業の実態は本物のマフィアであった。主演は宝塚歌劇団理事の轟 悠。作・演出は宝塚歌劇団所属の演出家 齋藤吉正のオリジナル作品である。東京農業大学農学部在学中に劇団の演劇助手の募集に応募し大学卒業した後の1994年4月に宝塚歌劇団に入職した。学生時代は演劇、舞台に関する経験は全くなかったため、宝塚歌劇団に入職したと同時に自分の思い描く演出家象を描いていった。

神家の七人の日程

257人が登録中

現在登録されている公演はありません

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 神家の七人の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 神家の七人のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/18 00:00更新)

「神家の七人」について

「神家の七人」の魅力とは

「神家の七人」は、2017年11月に上演予定の宝塚歌劇団専科公演である。専科とは、特定の組に所属しない団体の集まりだ。組と並んで表記されるが、もともとは「舞踊専科」「演劇専科」「声楽専科」「ダンス専科」「映画専科」と一芸に秀でた生徒が所属する組だったそうだ。近年は総合的にみて「専科」という大きなくくりで表現されている。なお、専科生は各組の公演には特別出演として主に老け役を演じ、脇から芝居をしっかり固める渋い役どころを務めている。専科生だけの公演「花供養」「神家の七人」など稀ではあるが公演されることもある。

専科生であり、今回主演の轟 悠は熊本出身のタカラジェンヌ、そして歴代6人目の現役理事である。宝塚との出会いは中学生の頃でその頃はすぐに受験を決意するとかはなかった。幼い頃から日本舞踊の習い事をしており、師範である大叔母を通じ大地真央、黒木瞳と対面することに。その際大地に宝塚の受験を勧められ受験するに至った。見事一発合格を果たし、1985年宝塚歌劇団に入団。当初の成績は12位だったがメキメキ頭角を現し、花組公演「愛あれば命は永遠に」で初舞台。1989年「ベルサイユのばら」でアンドレを演じ新人公演初主演。2002年に専科に移動。翌年宝塚歌劇団理事に就任した。

神家の七人が好きな方はこんなチケットもおすすめ