日本の大晦日の恒例の紅白歌合戦。 その年に活躍した歌手やグループが、アイドルや演歌、ロック、R&Bなどジャンルを超えて一堂に会し、紅組と白組に分かれて戦う、他では観ることができない、言わずと知れた日本の国民的な一大音楽イベント。 アーティストとしても、紅白歌合戦に出場することは名誉なことであり、紅白歌合戦のステージに立つことは、アーティストとしての活動の大きな目標なのである。 そして、自分たちのステージでのパフォーマンスを、日本全国の人達はもとより、衛星中継されて世界の人々に披露することが出来る、最高の舞台なのである。 どんなアーティストが選ばれるのか、毎年の出場者の発表も楽しみですが、紅白歌合戦ならではの、どんなサプライズゲストがあるのかも、注目されます。

NHK紅白歌合戦の日程

24,628人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

NHK紅白歌合戦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 00:00更新)

NHK紅白歌合戦について

NHK紅白歌合戦の魅力とは

「NHK紅白歌合戦」は、1951年から放送されている音楽番組だ。NHKで大晦日に生放送されているこの番組は、その年を代表する人気アーティストが集結するビッグイベントである。さらには大物アーティストの出演や、豪華アーティスト同士の共演など、そのサプライズな企画からも目が離せない。毎年12月31日の夕方から深夜にかけて放送されており、紅白歌合戦を観ながら年越しを迎える国民も多いことだろう。今や恒例となったテレビ放送が始まったのは1953年からで、それまではラジオ放送がメインであった。さらに日本にテレビが普及すると、テレビ番組としての人気も右肩上がりとなる。こうして視聴率を初めて計測した「第13回NHK紅白歌合戦」では、平均視聴率80.2パーセントを叩き出すほどの人気番組となっていた。

現在に至るまでお茶の間で愛され続けている「NHK紅白歌合戦」は、今も変わらず「歌の力」で人々に元気を届けてくれている。そして2016年の「第67回NHK紅白歌合戦」からは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて「夢を歌おう」という番組テーマに決定されている。これからも「NHK紅白歌合戦」はアーティストの夢の舞台としてあり続け、そして日本中の人々に夢を与えてくれる存在として続いていくだろう。

NHK紅白歌合戦が好きな方はこんなチケットもおすすめ