壽初春大歌舞伎は、年明けの1月下旬から1月の末にかけて上演される歌舞伎公演だ。松本幸四郎、中村梅玉、坂東玉三郎、中村鷹治郎、中村橋之助、市川染五郎、尾上松緑などといった歌舞伎界を代表するそうそうたる出演者たちがあつまり、年明けの歌舞伎を豪華に彩る。徳川家康や豊臣秀頼など、時代劇でおなじみの登場人物が出てくるものから、一途に恋する花魁の恋愛、遊女に恋した放蕩息子の物語など、分かりやすいストーリーはまるでドラマを見ているよう。歌舞伎初心者でも十分に楽しめる内容となっている。恋愛もの、人情もの、壮大な時代劇などといった、年明けにふさわしい華やかな壽初春大歌舞伎を、ぜひ歌舞伎座で体験していただきたい。

壽初春大歌舞伎の日程

593人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

壽新春大歌舞伎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

壽新春大歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 18:00更新)

壽初春大歌舞伎について

壽初春大歌舞伎の魅力とは

年明けの1月下旬から末にかけて上演される歌舞伎公演「壽初春大歌舞伎」。年明けにふさわしい豪華出演者と4つの演目で歌舞伎を美しく彩る。出演には、松本幸四郎、中村梅玉、坂東玉三郎、中村鷹治郎、中村橋之助、市川染五郎、尾上松緑などといった歌舞伎界を代表するそうそうたる出演者たちが一同に会す。
顔も毛髪も体躯も赤色の中国に伝わる霊獣たちが、大好きな酒を飲み上機嫌に舞を舞う、新年の幕開けにピッタリの演目「猩々」や、黙阿弥の名作「雪暮夜入谷畦道」、豊臣秀吉の没後の京都・二条城における徳川家康と若い秀頼との対面という史実を題材した物語「二条城の清正」などといった演目が行われる。徳川家康や豊臣秀頼など、時代劇でおなじみの登場人物が出てくるものから、一途に恋する花魁の恋愛、遊女に恋した放蕩息子の物語など、分かりやすいストーリーはまるでドラマを見ているように錯覚するだろう。

人情もの、壮大な時代劇などといった、年明けにふさわしい華やかな壽初春大歌舞伎を、ぜひ歌舞伎座で体験してほしい。名所歌舞伎座で、歌舞伎の文化にひたりながら、その雰囲気を味わうのも良い。歌舞伎初心者にもわかりやすい内容となっているだけに、歌舞伎デビューを試みてみるのも良いかもしれない。

壽初春大歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ