越路吹雪(こしじ ふぶき)は宝塚歌劇団出身の女優であり、シャンソン歌手だ。宝塚歌劇団27期生として宝塚に入団した彼女は、1939年の月組公演で初舞台を踏む。その後は花組へ移籍し、男役トップスターとして輝かしいキャリアを築いた。終戦後は「ブギウギ巴里」でレコードデビューを飾ると、宝塚で最大のヒット曲となる。退団後は東宝の専属スター女優や歌手としても活躍し、「テアトロン賞」「日本レコード大賞歌唱賞」「芸術祭奨励賞」など多くの賞を受賞した。2017年には三十七回忌特別追悼公演としてトリビュートコンサート「越路吹雪に捧ぐ」が開催を控えており、本公演には寿ひずる、剣幸、杜けあき、安寿ミラ、涼風真世などが参加する。是非あなたも会場を訪れて、永遠の大スターの名曲にの数々に酔いしれよう。

越路吹雪の日程

69人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

越路吹雪の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

越路吹雪のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/27 06:00更新)

越路吹雪について

越路吹雪の魅力とは

「シャンソンの女王」こと越路吹雪は、1939年に宝塚歌劇団 月組公演「宝塚花物語」で舞台デビューする。徐々に頭角を現していった彼女は、1944年頃より花組男役トップスターに抜擢される。終戦後は「ブギウギ巴里」でレコードデビューし、宝塚で最大のヒット曲となった。

1951年の宝塚退団後は、東宝の専属スター女優として活躍し、さらには歌手としても活動を始める。長年宝塚で磨き抜いた歌唱力やパフォーマンスは高く評価され、1958年「テアトロン賞」、1965年「第7回日本レコード大賞歌唱賞」、1968年「文化庁芸術祭奨励賞」などの多くの賞に輝いている。代表的な舞台作品は「結婚物語」「アプローズ」、代表曲には「ラストダンスは私に」「サントワマミー」「誰もいない海」などが挙げられる。

特に舞台へのこだわりは、群を抜いて素晴らしいものがあった。彼女は最高のステージを創り上げるための調整を欠かさなかったという。稽古に関してはもちろん、食事や体重管理、生活リズムまで綿密に計算し尽くし、1年を通じて舞台を中心としたコンディショニングを行っていた。こうして越路は「魅せる歌手」としての呼び声も高く、国民的な歌手として今もなお愛され続けている。

越路吹雪が好きな方はこんなチケットもおすすめ