高校野球(夏の甲子園)は、毎年8月に開催される高校野球の大会。正式名称は「全国高等学校野球選手権大会」。朝日新聞社と日本高等学校野球連盟の共同主催で、兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で開催される。本大会と地方大会に分別され、本大会には地方大会での1敗も許されないノックアウトトーナメント方式で勝ち抜いた学校が地方大会の代表校として出場することができる。そのため6月下旬から7月下旬にかけて地方大会をおこない、7月末日までに本大会の代表校が確定するように日程が組まれる。8月上旬から本大会が開催。初回となる第1回開催は1915年に開催されており、2017年で99回目の開催を迎える。

高校野球(夏の甲子園)の日程

7,617人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

高校野球の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

高校野球のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/18 18:00更新)

高校野球(夏の甲子園)について

高校野球(夏の甲子園)の魅力とは

高校野球(夏の甲子園)は、兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で開催される「全国高等学校野球選手権大会」の通称。そのほか「夏の高校野球」や「夏の選手権」などとも呼ばれる高校野球の大会である。大会の主催は、朝日新聞社と日本高等学校野球連盟の共同。地方大会においては各都道府県高等学校野球連盟と朝日新聞社の共同主催となっている。

独立した2つの大会で構成されており、6月下旬から7月下旬にかけて開催される地方大会と、地方大会を勝ち抜いた代表校による本大会からなっている。地方大会は、北海道(南北)と東京(東西)のそれぞれ2つに分けた2校の代表校を争い、本大会は全国47都道府県の49代表校によって1敗も許されない過酷なノックアウトトーナメント方式で優勝の座を争うことになる。

本大会は、3年生部員がこの大会で負けると高校野球生活が終わるという意味をこめて「夏が終わる」と表現され、敗退したチームが試合終了直後に甲子園の土を拾い集めることが習慣化されており、これは見どころの一つとも言える。なお、2018年に開催される「第100回記念大会」では、既に史上最多となる56校で開催されるとアナウンスされており、記念大会ではより多くの球児に甲子園の土を踏んでほしいという趣旨が盛り込まれている。

高校野球(夏の甲子園)が好きな方はこんなチケットもおすすめ