ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館取扱中!ピコ太郎は、世界中で大ブレイクを巻き起こした千葉県出身のシンガーソングライター。パンチパーマにヒゲ、そしてヒョウ柄の服を身にまとった奇抜なキャラクターである。テクノサウンドに乗せて、一度見て聴いたら耳に残って離れない「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」というフレーズを繰り返しながら踊る動画がYoutubeにアップされると、たちまちSNSで拡散されて大ブームを巻き起こした。再生数累計は1億回を超え、海外のビッグアーティストに並ぶ。この曲を真似た動画が世界各地で広がるなど、ピコ太郎の人気は留まることを知らない。2017年の3月には日本武道館でライブをすることが決定。大人から子供まで世界中でブームとなっている彼のライブは必見だ。ぜひとも足を運んでみてほしい。

ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館

112人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

古坂大魔王のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(2/27 12:00更新)

ピコ太郎(古坂大魔王)について

ピコ太郎(古坂大魔王)の魅力とは

「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」で一躍有名人となったピコ太郎。耳から離れないリズムと不思議な歌詞は極めて中毒性が高く、世界中で爆発的な広がりを見せた。この動画がブレイクしたきっかけは、あのジャスティン・ビーバー。自身のTwitterでお気に入りの動画としてツイートしたことで、ここまで注目されることになった。

これだけ有名になったピコ太郎。その正体は、お笑い芸人でありアーティストなどとしても活動している古坂大魔王。芸人が一番笑う芸人として玄人ウケが良いことで知られている。遡ること1992年、お笑いトリオとして結成された底ぬけAIR-LINE。そのメンバーだったのが今の古坂大魔王である。2003年からはメンバー1人とテクノユニット・NO BOTTOM!を結成し、お笑いと並行して活動していたが、底ぬけAIR-LINEは活動休止しNO BOTTOM!の活動に専念することとなる。しかし2008年ごろから芸人としての活動を再開。現在は、芸人としてはもちろんのこと、アーティストやクリエイターとしても幅広い活動を行っている。

ピコ太郎が生まれたのは、2016年の4月におこなった単独ライブ。そこで以前からの持ちネタとしてあったこのピコ太郎を披露すると、客席は大爆笑の渦に。その後、ピコ太郎としての動画プロジェクトをスタートさせることを発表。その第一弾が「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」だったのだ。加速し続けるピコ太郎の勢いは止まらない。今後の展開に大注目だ。

ピコ太郎(古坂大魔王)が好きな方はこんなチケットもおすすめ