コンスタンチン・リフシッツは、5歳にしてロシアの名門音楽学校へと進んだ天才ピアニスト。豊かな才能と演奏を披露しロシア、ウクライナをはじめ世界の音楽家に衝撃を与える存在として話題になる。13歳になるとリサイタルを開催。そのリサイタルを収録したアルバムは1995年ドイツにて高い評価を獲得している。彼が幼少期に入ったグネーシン特別音楽学校では、卒業に合わせ記念リサイタルを開催。その時の音源が1996年のグラミー賞にノミネートするなどその活躍ぶりは驚異的である。世界的な活動はもちろんのこと、1998年は日本は東京にておこなわれたフェスティバルに出演。日本の交響楽団とともに天才的な演奏を披露している。以降も日本で公演をおこないながら世界中で音楽活動を展開しており、天才ピアニストの名を欲しいままにしている。

コンスタンチン・リフシッツの日程

4人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

コンスタンチン・リフシッツの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

コンスタンチン・リフシッツのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/22 00:00更新)

コンスタンチン・リフシッツについて

コンスタンチン・リフシッツの魅力とは

5才にして名門校の門を叩き、その後世界でその才能を披露し続けている天才ピアニスト・コンスタンチン・リフシッツ。13歳でリサイタルを開催。学校卒業リサイタルはグラミー賞ノミネートとその都度大きな話題を引っさげながら世界各国で大きな評価を獲得して続けている。バッハやショパンを中心とした音楽活動をおこない、各国のオーケストラと共演を果たす。モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団、加えて新日本フィルハーモニー交響楽団とも共演を果たし、同時にツアーにも同行する姿を見せている。

既に世界各国で大きな話題を集めている彼。2013年には日本へと足を運びベートーヴェンを演奏し、彼を代表するピアノ・ソナタを美しく繊細に弾ききっている。2017年には本公演を収録したアルバムを発表し、世界の最も注目するピアニストとして輝きを見せる。世界から彼に捧げられる高い評価は単純な演奏力の高さではない。これまでに聴いたことのない新たな解釈、繊細でありながら鋭い観察眼で繰り出されるパワフルなテクニックも評価されている点だ。まさに一流の名が相応しい彼は、今後も世界的なピアノの腕を披露してくれることだろう。

コンスタンチン・リフシッツが好きな方はこんなチケットもおすすめ