恋と嘘 公開記念舞台挨拶取扱中!「恋と嘘」とは漫画配信アプリで配信されるムサヲによる恋愛漫画及びそれを原作とした作品である。少年と少女の恋物語、という点ではこれまで世に出てきた作品とそうは変わらない。しかし本作で最も特徴的なのは自由恋愛禁止という法律の存在。実際の日本でも大きな問題となっている少子化に焦点を当てている。主人公の青年がある日政府通知を受け取ることからストーリーは始まる。政府通知とは、政府がその人にとって最適な伴侶を決めた通知であり、それにより結婚が決められてしまうのだ。そこに忘れられない初恋の相手の存在が加わるラブストーリーとなっている。2017年にはテレビアニメ、実写映画が公開されファンの話題を呼んでいる。なお映画版は原作とは真逆で、少女が主人公のアナザーストーリーとして制作される。

恋と嘘 公開記念舞台挨拶

167人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

恋と嘘のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/23 18:00更新)

「恋と嘘」について

「恋と嘘」の魅力とは

「恋と嘘」とは、スマホアプリ「マンガボックス」にて連載される漫画作品である。2014年に連載がスタート。斬新な設定と気になる展開の数々で人気を博し、2017年には念願のテレビアニメ及び実写映画化が決定。マンガボックスからの実写映画化は初となり、さらに原作のアナザーストーリーということで、原作ファンが楽しめる作品となっている。原作漫画の主人公は根島由佳吏16歳。政府通知により16歳という若さで結婚相手を決められるが、その相手は別の少女に忘れられない想いを抱いている。世界観は現実と似通ったものでありながら政府の少子化対策により自由な恋愛が禁止されているなどの特殊な設定がファンの間で受けている。

物語は主人公の葛藤を写しており、法律に縛られた結婚と自身の恋心に揺れ動く姿を描くラブストーリーだ。さらに法律を執行する大人たちの姿も映し出され、他の作品とは一線を画している。テレビアニメ版で声を担当するのは主人公・逢坂良太。実写映画版は、原作ではないアナザーストーリーとして主人公が女性に変わっており、主人公は森川
葵が担当する、脇を固めるのは北村匠海、佐藤寛太。好きな相手と勝手に決められた相手、2人の間でもがく淡いラブストーリーとなっているが、背景には現代の日本の少子化問題など、簡単には解決できない問題が見え隠れする。深い愛の形を描いている作品「恋と嘘」をぜひとも劇場で鑑賞してほしい。

恋と嘘が好きな方はこんなチケットもおすすめ