恋妻家宮本」は脚本家として知られる遊川和彦の映画監督デビューとなる作品だ。これまで「GTO」、「家政婦のミタ」、「はじめまして、愛しています。」など数々のヒットドラマの脚本を手掛けて来た遊川和彦が挑む劇場公開映画として話題を呼んでいる今作。重松 清が2013年に発表した小説「ファミレス」を大胆に脚色し映像化している。今作は第40回モントリオール世界映画祭「ファースト・フィルムズ・ワールド・コンペティション部門において」で公式上映され、監督の遊川和彦監督と出演の天海祐希が参加し、舞台挨拶も行っている。上映会に参加して世界各国の批評家やジャーナリストからも好評で、日本での公開も待ち望まれている。

恋妻家宮本 舞台挨拶の日程

26人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

恋妻家宮本について

恋妻家宮本の魅力とは

脚本家として知られる遊川和彦の映画監督デビューとなる映画「恋妻家宮本」。これまで「GTO」、「家政婦のミタ」、「はじめまして、愛しています。」など数々のヒットドラマの脚本を手掛けて来た遊川和彦が挑む劇場公開映画として話題を呼んでいる作品だ。重松 清が2013年に発表した小説「ファミレス」を大胆に脚色し映像化。
出演は「テルマエ・ロマエ」や「エヴェレスト 神々の山嶺」で知られ、第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞、第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞などを受賞する阿部 寛。宝塚歌劇団の元月組男役トップスターとして知られ、映画やドラマ、そして舞台でも活躍する天海祐希。この2人が子供が独り立ちした後の夫婦役を演じている。
その他にも「大奥〜永遠〜 右衛門佐・綱吉篇」や「パーマネント野ばら」などで独自の存在感を見せる菅野美穂、2007年に紫綬褒章、2016年に旭日小綬章を受章した大御所女優 富司純子らが出演する。更に相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫 薫、佐藤二朗らが脇を固め、実力派俳優が集結している。テレビ界で一時代を築いた遊川和彦が描く「恋妻家宮本」に注目が集まっている。

恋妻家宮本 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ