古河花火大会」は、茨城県古河市で開催される、県内屈指の人気の花火大会で、2016年で11回目の開催を迎える。2015年は、古河市合併10周年を記念する大会となり、花火の打ち上げ数約25,000発、およそ55万人の来場者を動員するなど関東最大規模の花火大会となった。その花火大会の名物となっているのが「3尺玉」で、玉の重さが約300kg、開花高度約600m、開花直径約650mという壮大なスケールで花開き、見る者を圧倒する。また、渡良瀬川河川敷のゴルフ場で打上げられるため、川の土手でレジャーシートを広げて観賞することもなどもできる。ラムサール条約にも登録されている大自然を味わいながらこの規模の花火を関東地方で味わえるのは古河花火大会だけだろう。

古河花火大会の日程

29人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

古河花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

古河花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

古河花火大会について

古河花火大会の魅力とは

2016年で11回目の開催となる古河花火大会。毎年、茨城県古河市の古河ゴルフリンクス開催されている。そのため、土手にレジャーシートを広げてのんびりと観賞できるのも魅力的。2015年は、古河市合併10周年の節目を記念する花火大会となり、打ち上げ数約25,000発、来場者数およそ55万人と関東でも最大規模の花火大会となった。

今年も引き続き、約25,000発の花火が打ち上がる予定となっている。古河花火大会の最大の目玉はなんと言っても、玉の重さ約300㎏、開花高度約600m、開花直径約650mと規格外の大きさを誇る三尺玉だろう。大会のサブタイトルに「夜空に輝く三尺の華」と付いている通り、壮大なスケールで花開き、渡良瀬川の夜空を華麗に彩り、見物客たちを圧倒している。
その他にも、大好評のワイドスターマイン、メロディー付きスターマインなど最後まで誰もが楽しめる豪華な内容となっている。

また、会場付近はラムサール条約に登録されている渡良瀬遊水地の貴重な自然が広がっているので、花火大会と大自然を一度に満喫できる古河花火大会は、一度観に行く価値があるだろう。

古河花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ