「聲の形(こえのかたち)」とは、大今良時氏による漫画である。 2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選したのをきっかけに、別冊少年マガジン2011年2月号と週刊少年マガジン13年12号に読み切り作品として掲載された。 しかしその後の反響が大きく、週刊少年マガジンで13年~14年の1年間正式に連載されるに至る。 物語が「聴覚障害者に対するいじめ」をテーマにしていることから一時は掲載が見送られるほど議論を呼んだ作品であるが、この度待望のアニメ化が決定した。 今作は劇場版として公開され、製作は「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱」「Free!」など人気アニメを多く手がける京都アニメーションが担当し、監督には「けいおん!」「たまこまーけっと」の山田尚子氏が起用されている。 キワドい内容を伴う問題作であり、京アニの最新作でもあるため、劇場版の仕上がりにはかなりの注目が集まっている。

聲の形(こえのかたち)の日程

243人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

聲の形の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

聲の形のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

聲の形について

「聲の形(こえのかたち)」とは、女性漫画家 大今良時氏による漫画作品だ。 2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選後、別冊少年マガジン2011年2月号と週刊少年マガジン13年12号に読み切りとして掲載。 しかしその後反響が大きかったことと、監修の全日本ろうあ連盟の後押しもあり、週刊少年マガジンで13年~14年の1年間正式に連載された。

ストーリーは、聴覚障害を持つ少女 西宮硝子が転校してきたことをきっかけに、彼女をいじめるようになった少年 石田将也が、そのいじめが原因で周囲から孤立していく、という青春の切なさや残酷さをリアルに描いたストーリーが展開される。 取り上げているメインテーマが「聴覚障害者へのいじめ」であり、そのいじめの描写も生々しかったことから、編集部内で議論となり一時掲載を見送られた、というエピソードもあるほどの問題作である今作。 この度、劇場版としてアニメ化されることが決定した。 製作はこれまで「響け!ユーフォニアム」「Free!」等ハイクオリティな作品を数多く手がけてきた京都アニメーションが担当し、「けいおん!」「たまこまーけっと」の山田尚子氏が監督に起用されている。 ツイッターでも賛否両論が巻き起こった話題作であり、「いじめ」という難しい問題を扱っていることから劇場版の仕上がりにもかなり注目が集まっているが、京アニや山田氏の手腕が問われる期待作でもある「聲の形」。 さらなる詳細の発表を楽しみに待とう。

聲の形(こえのかたち)が好きな方はこんなチケットもおすすめ