コブクロは長身が人目を引く黒田とギターの小渕による男性2人組のデュオ。「こぶちとくろだで『コブクロ』でええか」と歌詞カードに書いたことがきっかけで「コブクロ」になった。コブクロの原点は”ストリート”だ。デビュー前、路上ライブで歌を歌えば、かるく500人以上も集めてしまうという伝説を誇る。そんな路上で歌っていたコブクロの魅力に感動した森脇健児がラジオへ出演を勧め、ブレイク。 その後「桜」「蕾」「永遠とともに」など数多くのヒット曲を世に送り出す。2人の類いまれなハーモニーと普遍的でありながら、心を深く揺さぶる歌詞は多くの年代から愛され支持されている。同業者のファンも多く、絢香とのコラボなど他アーティストとの交流も盛んである。仲がいいとしても知られるコブクロのライブは、その歌を聴くのはもちろんのこと、芸人並のトーク力を発揮するMCでのトークも見どころだ。

コブクロの日程

12,034人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

コブクロのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 12:00更新)

コブクロについて

日本を代表するフォークデュオ、コブクロのライブの魅力を徹底紹介

コブクロは、日本を代表するフォークデュオの一つとも言われるが、コブクロの最大の魅力は、美しい歌声と情緒的な歌詞。老若男女問わず、数多くのファンから共感を得ている。ストリートミュージシャンとして大阪で歌っていた2人が出会い、コブクロの歴史が始まる。メンバー2人が意気投合したことで現在のようなスタイルが生まれたが、コブクロの結成のエピソードをもつ「桜」は、日本を代表する桜ソングの一つとして、今では多くの人々に親しまれている。

またコブクロの歌はドラマの主題歌になる事も多く、現在では幅広い年代のファンがチケットを買い求め、ライブを楽しんでいるようだ。コブクロは、インディーズ時代から既に40曲を超えるオリジナル曲を作っていたと言われているが、コブクロのその美しい歌詞は、高校の国語の教科書に載るほど高い評価を受けている。

コブクロのライブでは、 メンバー2人のきれいな歌声とライブならではの曲のアレンジが楽しめるが、彼らのライブではMCも人気がある。「芸人並のトーク力だ!」と評価されるほどで、その特徴のあるキャラクターをいかしたMCは、いつも会場を爆笑で沸かせてくれる。その人気からか、一時はチケットが取り辛くなったことによって、争奪戦となった。またコブクロは、「コブファミ」と呼ばれているファンの為に、毎年和歌山でファンフェスタを行っている。

コブクロが好きな方はこんなチケットもおすすめ