小林ゆうは、東京都出身の声優・歌手である。2003年に声優として活動を開始。2004年、テレビ放送の「DAN DOH!!」で初主演を獲得。2005年、テレビアニメ放送「魔法先生ネギま!」の桜咲刹那役でブレイクした。声優のレパートリーは広く、元気な少年から可憐な少女、外人、変態、正体不明の宇宙人までマルチにこなしている。2006年6月、ファンクラブ「White Wing」を発足。2007年、1stシングル「空のコトバ」で歌手デビューを果たした。2008年、「第2回声優アワード新人女優賞」を受賞。以後も声優として精力的に活躍している。今後の活躍にも注目だ。

小林ゆうの日程

19人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小林ゆうのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/26 00:00更新)

小林ゆうについて

小林ゆうの魅力とは

声優としては元モデルという異色の経歴を持つ小林ゆう。声優になってからもそのプロポーションを生かし、2008年には「Lovin' Yu」、2010年には「2♥1♥」と2冊の写真集を発売している。

また、歌手としても活躍中。デビューシングル「空のコトバ」には、テレビアニメ「Saint October」の後期エンディングテーマを収録。2008年1月、リリース2ndシングル「FIGHT OR FLIGHT」は、テレビアニメ「ドラゴノーツ ザ・レゾナンス」の後期エンディングテーマに起用される。2009年2月にリリースした3rdシングル「HANAJI」は、テレビアニメ「まりあ ほりっく」のオープニングテーマに起用。2011年5月、リリース4thシングル「るんるんりる らんらんらら/どうにもとまらない」は、テレビアニメ「まりあ ほりっく あらいぶ」のオープニングテーマに起用された。

彼女といえば腰の低さやプロ意識の高さ、仕事に対する真面目さが魅力であるが、一方で他人には理解できない卓越した画力を持っていることも特徴の一つだ。彼女が描く絵はあまりにも独特すぎることからファンや共演者の間では画伯と呼ばれている。

そんな一面を持っている彼女だが、演技力はピカイチ。今後もさまざまな作品で圧倒的な演技を見せてくれることだろう。

小林ゆうが好きな方はこんなチケットもおすすめ