小林幸子コンサート2017取扱中!小林幸子は、1953年12月5日生まれ新潟県新潟市出身の演歌歌手である。1964年に僅か9歳の若さにして、TBS主催の歌唱コンテストで優勝しデビューに至る。以降、美空ひばりを彷彿とさせる天才少女として世間の注目を浴びるもヒット曲に恵まれず、長い不遇の歌手生活を送っている。その間、幾度に渡る改名とレコード会社の移籍を繰り返すなど、低迷時には泉ピン子や夏木マリと一緒にキャバレー周りの営業をしていた。転機が訪れたのは、1979年に「おもいで酒」が200万枚を超すヒットを記録した時である。日本レコード大賞の最優秀歌唱賞受賞、「ザ・ベストテン」集計ランキングの年間1位を獲得し、今や代名詞ともまで称されるNHK紅白歌合戦に初出場を果たしている。

小林幸子コンサート2017

59人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

小林幸子の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小林幸子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/20 18:00更新)

小林幸子について

小林幸子の魅力とは

小林幸子は、9歳の頃デビューした演歌歌手である。若年期はヒット曲に恵まれず不遇の時代を過ごすも、1979年に「おもいで酒」が200万枚を超すヒットを記録し一躍日本が誇る演歌歌手の仲間入りを果たした。1987年には自身の個人事務所である幸子プロモーションを設立している。芸能生活35周年を迎えた1998年には、「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」のエンディングテーマソング「風といっしょに」を担当し、同年の第49回NHK紅白歌合戦で披露するなど、老若男女問わない幅広い層から人気を獲得。また、2014年には50周年記念コンサートを敢行し、デビュー以来初めての日本武道館コンサートを開催、話題を集めると同年にはコミックマーケットに参加するなど、往年の演歌歌手としては異例の活動を行い、さらなるファン層からの人気を得ている。演歌主流であるが、若年層からの知名度は群を抜いて高くNHK紅白歌合戦での衣装の派手さから「ラスボス」と呼ばれることもあるが、うまく取り込むことに成功し、日本が誇る演歌歌手として受けれられている。なお、NHK紅白歌合戦にはこれまで連続33回出場しており、紅組最多出場の記録を保持。今後の記録更新にも期待したい。

小林幸子が好きな方はこんなチケットもおすすめ