小林道夫は株式会社KAJIMOTOに所属するピアニストである。1955年に東京藝術大学音楽学部楽理科を卒業すると伴奏者として活動をスタート。翌1956年には毎日音楽賞 新人奨励賞を受賞した。ドイツのバリトン歌手 ゲルハルト・ヒュッシュやチェロ奏者 ルートヴィヒ・ヘルシャーらと共演を果たすと1965年にドイツのデトモルト音楽大学へ留学。帰国後はピアノはもちろんのこと、バロック音楽や指揮、合唱など幅広いジャンルで活動した。モーツァルトやシューベルトの解釈は世界的に高く評価されおり、中でもヨハン・ゼバスティアン・バッハのスペシャリストとして知られるようになった。毎年年末に開催している「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲演奏会」など、小林道夫は現在も精力的に活動を続けている。

小林道夫の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

小林道夫について

小林道夫の魅力とは

株式会社KAJIMOTOに所属するピアニスト 小林道夫。1956年に毎日音楽賞 新人奨励賞を受賞すると、この頃来日していたドイツのバリトン歌手 ゲルハルト・ヒュッシュやチェロ奏者 ルートヴィヒ・ヘルシャーらと共演を果たした。
東京藝術大学バッハカンタータクラブに指揮者として迎えられると、佐々木正利、蒲生克郷などの演奏家を育成。1970年には鳥井音楽賞を受賞、1972年にはザルツブルク国際財団モーツァルテウム記念メダルを授与されている。その後1979年にはモービル音楽賞も受賞するなどし、1998年からは東京藝術大学客員教授、大阪芸術大学客員教授、大分県立芸術文化短期大学客員教授となり後進の指導にあたっている。また1972年から毎年年末に「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲演奏会」を開催しており、40年以上に渡り演奏される深みのある音楽に触れることが出来る。
2014年には80歳を記念して「iichiko presents 小林道夫 生誕80年記念室内楽コンサート小林道夫+ウェールズ弦楽四重奏団」を開催。2008年にミュンヘン国際コンクールで入賞した、20代半ばのウェールズ弦楽四重奏団と共演し、まだまだ現役である姿を見せている。

小林道夫が好きな方はこんなチケットもおすすめ