小林研一郎は、通称「炎のマエストロ」と呼ばれる指揮者である。1940年4月9日生まれで、福島県いわき市小名浜出身である。両親とも教諭の家庭に生まれ、幼少期に連れられていったクラシック音楽の演奏会で感銘を受け、独学で楽典の勉強を開始している。東京藝術大学作曲科ならびに指揮科の両科を卒業し、作曲を石桁眞禮生、指揮を山田一雄、渡邉曉雄に師事する。1974年には「第1回ブダペスト国際指揮者コンクール」において、第1位、特別賞を受賞し、実力を世界に知らしめることになった。日本においては、日本フィルハーモニー交響楽団を始め数々の著名楽団の指揮者を歴任しており、当人が指揮する演奏会には天皇皇后両陛下がたびたび足を運んでいる。

小林研一郎の日程

126人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小林研一郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 00:00更新)

小林研一郎について

小林研一郎の魅力とは

小林研一郎は、1940年4月9日生まれで、福島県いわき市小名浜出身の指揮者である。「炎のコバケン」の愛称で知られ、優れたバトンテクニックと身振りが激しい指揮から通称「炎のマエストロ」とも呼ばれる。幼少期に連れられていったクラシック演奏会で感銘を受けてから、独学でクラシックの勉強を開始するほど勉強熱心であった。大学は東京藝術大学作曲科を卒業すると、指揮者を志すようになり同大学に再度入学すると、あらためて指揮科を卒業している。1974年の「第1回ブダペスト国際指揮者コンクール」で第1位、特別賞を受賞すると、ヨーロッパのオーケストラを多く指揮するようになった。もちろん日本においても幾多の著名楽団の指揮者を務め、現在では多数の楽団から名誉指揮者の称号である「桂冠指揮者」の称号を贈られている。2017年4月には、自身の喜寿を祝う演奏会が行われた。自身が桂冠名誉指揮者を務める日本フィルハーモニー交響楽団による演奏が行われ、天皇皇后両陛下が鑑賞に訪れていた。日本人としては「小澤征爾」や「朝比奈隆」に次ぐレコーディングアーティストであり、50作品を超えるCDやDVDが発表されている。今後もどのような熱い指揮を見せてくれるのか楽しみである。

小林研一郎が好きな方はこんなチケットもおすすめ