小林英之とは日本で活躍しているオルガン演奏者である。日本各地でソリストとして独奏会で演奏するほか名古屋フィルハーモニー交響楽団や有名なNHK交響楽団などでオルガン・パートを担当している。またオーケストラ・アンサンブル金沢、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団や神奈川フィルハーモニー管弦楽団などの定期演奏会にソリストとして出演している。その他にも合唱団との共演やNHKテレビ「名曲アルバム」、NHK‐FM「朝のバロック」等のメディアにも出演しオルガン演奏の普及を精力的に行っている。現在は上野学園大学音楽学部音楽学科にて教授、古楽部会主任として講義なども行っている。

小林英之の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

小林英之の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小林英之のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 06:00更新)

小林英之について

小林英之とは

小林英之は東京芸術大学オルガン科卒業、同大学院修了、その後西ドイツに渡りフランクフルト音楽大学演奏家コースを卒業する。
各地での独奏会のほか、NHK交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団などでオルガン演奏を担当する。
平成6年から120人編成のオーケストラと200人編成の合唱団が同時に演奏できる広さのあり、ガルニエ社製作による世界最大級のパイプオルガンが設置されている大ホールなど設備の充実した東京芸術劇場のオルガニストとしても活躍している。

東京芸術劇場ではオルガン関連事業の企画を担当するほか、中学生や高校生などの学生や一般のオルガン好きの人たちを対象にオルガンに興味をもてるようにする啓発活動も積極的に行っている。
東京芸術劇場ナイトタイム・パイプオルガンコンサートでは音楽の父「ヨハン・ゼバスティアン・バッハ」の前奏曲とフーガ イ短調やコラール「罪なき神の子羊」などを演奏しパイプオルガンの魅力を引き出しパイプオルガン特有の壮大で神聖な音色で会場にいる人たちを魅了した。

確かなオルガンの演奏力と情熱を持ち合わせた小林英之の演奏をオルガンコンサートでぜひ拝聴していただきたい。

小林英之が好きな方はこんなチケットもおすすめ