清塚信也はピアニストであり、演奏活動のほか、俳優としても近年活躍している人物である。1982年11月生まれ。5歳の頃からピアノをはじめ、1966年の「第50回全日本学生音楽コンクール」の全国大会に出場し中学校の部で1位を獲得している。桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業した後はモスクワ音楽院に留学しており、中村紘子や加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事している。コンクールで様々な賞を受賞する傍らで、2006年にはテレビドラマ「のだめカンタービレ」で千秋真一のピアノ演奏シーンの吹き替えを担当するなどして注目を集める。2007年2月には初のアルバム「Romantic crime」をリリースし、CDデビューも果たした。

清塚信也の日程

156人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

清塚信也のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 06:00更新)

清塚信也について

清塚信也の魅力とは

清塚信也は、俳優としても活躍しているピアノ演奏家である。幼少期からクラシックピアノの英才教育を受け、1966年には「第50回全日本学生音楽コンクール」全国大会の中学校の部で1位を獲得する。以降、桐朋女子高等学校音楽科で学び、モスクワ音楽院に留学するなど、ピアノの腕前を高めていく。2000年には「第1回ショパン国際コンクールin ASIA」で1位を獲得し、2004年には「第1回イタリアピアノコンコルソ」で金賞を受賞。2005年に「日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール」で第1位を獲得し、2006年には「ザイラー国際ピアノコンクール」で3位を獲得している。

2006年にはテレビドラマ「のだめカンタービレ」でピアノ演奏シーンの吹き替えを担当し、翌2007年には映画「神童」で、ワオのピアノ演奏シーンの吹き替えを担当するとともに講師役としても出演し注目を集めた。テレビドラマや映画での吹き替え演奏といった活動を経て、同2007年にデビューアルバム「Romantic crime」をリリース。続けざまにアルバム「Qualia」を発表している。2013年には映画「さよならドビュッシー」で俳優としてデビューを果たし、2016年にはテレビラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にも出演。大きな反響を呼んだ。今後も多方面で活躍するであろう彼から目が離せない。

清塚信也が好きな方はこんなチケットもおすすめ