清竜人は、1989年生まれの大阪府大阪市淀川区出身の男性シンガーソングライターである。曲を作り始めるようになったきっかけは、2005年に叔母さんが近所のゴミ捨て場からギターを拾ってきて、それを貰い受けた事である。その翌2006年にはアマチュアバンドコンテスト「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2006」に出場し、なんとグランプリを受賞。2009年3月にファーストシングル「Morning Sun」をリリースしデビューを果たすと、映画「僕の彼女はサイボーグ」で楽曲が挿入歌として起用される。その後堀江由衣でんぱ組.incに楽曲提供を行う傍ら、自らも一夫多妻制アイドル「清竜人25」を結成。現在は「清竜人25」を主軸に活動を行っている。様々な顔で決してリスナーを飽きさせない清竜人。彼の溢れる才能に今後も注目していきたい。

清竜人の日程

376人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

清竜人のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

清竜人とは

清竜人の魅力について

2009年のデビュー以降、2013年までに6枚のシングル、6枚のアルバムをリリースしている彼だが、天才、時にはおかしいとまで揶揄される理由はその変身ぶりにある。

ショートカットの茶髪に切なげな表情でラブソングを歌い、シンガーソングライターをやっていたかと思えば、丸めた頭に髭、タンクトップ姿というワイルド系に転身。さらにその後は毛先にパーマをあてたボブカットで楽しくお気楽なミュージカル風のライブに挑戦した。このわずか数年の間だけでもその楽曲からライブまで別人ではないかと疑うほどに変わっており、その変貌ぶりに目が離せなくなってしまってチケットを手にするファンも多い。

しかし、どんな風貌になっても、どんなに音楽性が変わっても、彼の美声と音楽の才能は健在だ。逆に言えば、その絶対的な音楽センスがどの分野でも決してくすぶることなく発揮されている。

近年では、ソロ活動に飽きた清が自分の夢であった異例の一夫多妻制アイドル「清竜人25」を結成。様々な顔で聴く者の心を掴んで離さない彼の今後にますます目が離せない。楽曲提供もしており、音楽のオールジャンルをこなす彼の天才的な音楽は是非会場で、生音で確かめて欲しい。

清竜人が好きな方はこんなチケットもおすすめ