北山たけしは、2004年から活動している演歌歌手。1974年2月25日生まれの福岡県柳川市出身であり、所属事務所は北島音楽事務所である。幼少期から演歌を歌いはじめ、福岡県のKBC「ちびっ子のど自慢」で優勝を果たすなど才能を開花させる。大平幸一の芸名で歌手デビューを果たすが、芽が出ず一度帰郷している。21歳で再び上京し、北島三郎に弟子入り。内弟子を8年間務め、2004年にシングル「片道切符」で再デビューを果たした。現在も精力的に活躍を続けている。2005年には「第56回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たし、以来5年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場。2015年には新潟県の「魚沼特使」に任命され、2016年からは島根県の「出雲観光大使」にも任命されている。

北山たけしの日程

7人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

北山たけしの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

北山たけしのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/18 06:00更新)

北山たけしについて

北山たけしの魅力とは

北山たけしは、北島音楽事務所所属の演歌歌手。名前の「北山」は、北島三郎の「北」と山本譲二の「山」からとった。高校を卒業後に上京し、当時の芸名である大平幸一としてデビューを果たすもののチャンスをものにできず、一度帰郷するといった苦節を味わっている。21歳の時に再び上京し、北島三郎の内弟子を8年間務めた。2004年にシングル「片道切符」で再デビューを果たし、成功を掴み取っている。その2004年には、NTVの「ベストヒット歌謡祭2004」およびTBSの「第37回日本有線大賞」、「第46回日本レコード大賞」で新人賞を総ナメにし、一躍人気演歌歌手の仲間入りを果たした。

大躍進となった翌2005年にも「第19回日本ゴールドディスク大賞」を受賞すると、同年の「第56回NHK紅白歌合戦」では初出場を果たし、以来5年連続で出場するなど全国的な知名度を手にしている。また、各都道府県の観光大使を務めることが多く、これまでに地元の福岡県をはじめ、静岡県、秋田県、徳島県、宮崎県、新潟県、島根県などで観光大使に任命されている。2017年9月には、シングル「アカシアの街で」をリリースしており、継続した活躍を見せてくれている。

北山たけしが好きな方はこんなチケットもおすすめ