北山修は作詞家でありミュージシャンだが精神科医、精神分析家、臨床心理学者、医学博士でもある。兵庫県洲本市出身であり洛星高等学校、京都府立医科大学医学部を卒業している。九州大学名誉教授、白鴎大学副学長兼教育学部特任教授、国際基督教大学客員教授などその地位を見るととてもミュージシャンには見えない。音楽の世界にも足跡を残すきっかけとなったのは大学時代に加藤和彦と出会ったことがきっかけ。当時の関西フォークブームの先駆となる「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成した。もともとカントリーミュージックをやっていた北山は「衣笠マウンテンボーイズ」というバンドにおいてギタリストを務めており実力も備え、この1970年のフォークブームにおいては関西フォークの中心的人物である。

北山修(きたやまおさむ)の日程

32人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

北山修のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/20 18:00更新)

北山修のコンサートについて

北山修のコンサートの魅力とは

日本国内においては作詞家として有名であり「戦争を知らない子供たち」「あの素晴しい愛をもう一度」「白い色は恋人の色」「風」「花嫁」などの代表曲がある。その中でも「戦争を知らない子供たち」は日本レコード大賞作詞賞を獲得、堺正章が歌った「さらば恋人」は大ヒットを記録している。北山のコンサートのチケットを手にする人はある程度、昭和の時代を生きてきた人が多いが、ぜひとも今の時代を生きる若者にも手にしてほしいチケットである。

北山修(きたやまおさむ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ