ビートたけし(北野武)はコメディアン、映画監督、俳優等、多彩に活動しているタレント。漫才コンビ・ツービートとを結成し、漫才ブームの中絶大な人気を誇り、現在も多数のレギュラー番組を担当する。ビートたけし(北野武)は1989年に「その男、凶暴につき」で映画初監督。「HANA-BI」ではヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞するなど世界的な評価も高い。テレビドラマにも度々出演。ジャニーズ事務所の二宮和也と初共演した「赤めだか」では、立川談志役を好演した。2016年には「ロイヤルウッド株式会社&オーガニックハウスpresents ビートたけし ほぼ単独ライブ 」を開催。今後もバラエティ、ドラマ、文筆業、映画、舞台とビートたけし(北野武)のマルチな活動が期待される。

ビートたけし(北野武)の日程

73人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ビートたけし(北野武)の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ビートたけし(北野武)のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

ビートたけし(北野武) について

ビートたけし(北野武) とは

コメディアン、タレント、映画監督、俳優等様々な分野で活躍するビートたけし(北野武)。1980年台初頭の漫才ブームの中で、結成していた漫才コンビ・ツービートで人気を獲得。「フジテレビTHE MANZAI」や「オレたちひょうきん族」らのテレビ番組で大ヒットとなる。 映画監督の時などは本名の北野武、その他の番組や映画の際は芸名のビートたけしで活躍することが多い。 タレントやコメディアンという顔の他に、映画監督としての世界的な評価が高いビートたけし(北野武)。映画の初監督は、1989年の「その男、凶暴につき」。1997年の「HANA-BI」ではヴェネツィア国際映画祭で日本作品として40年ぶりとなる金獅子賞を受賞した。カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式参加した「菊次郎の夏」で5分間のスタンディングオベーションを受けた。 俳優としても、「HANA-BI」「座頭市」「アキレスと亀」「アウトレイジ」「龍三と七人の子分たち」等自身の監督作品に出演したり、テレビドラマに出演するなど活動している。 社会風刺を題材としたシニカルな笑いが魅力のビートたけし(北野武)。その鋭い語り口は多くのファンを擁する。単独でのライブ公演も開催しており、2016年にも「ロイヤルウッド株式会社&オーガニックハウスpresents ビートたけし ほぼ単独ライブ 」を行う。

ビートたけし(北野武)が好きな方はこんなチケットもおすすめ