北出菜奈は北海道出身、BABYLONIAに所属するアーティストである。2003年にソニーミュージック・オーディションで約4万人の中から札幌地区代表に選出された。同年には西川 進のプロデュースにより、シングル「消せない罪」でデビューを果たしている。当時高校生であった北出が歌うロックは話題となりメディアにも取り上げられている。この曲は人気アニメ「鋼の錬金術師」の初代エンディングテーマに抜擢され、ラジオのレギュラー番組のスタートやインストアツアーの開催など活発に活動した。その後バンド「THE TEENAGE KISSERS」でボーカルを担当し、ミニアルバム「PERFECTLY DIRTY」をリリース。現在はソロで活動しており、北出菜奈はイベントなど幅広く活動している。

北出菜奈の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

北出菜奈について

北出菜奈の魅力とは

2003年にシングル「消せない罪」でデビューを果たした北出菜奈。当時高校生であった北出が歌うロックは話題となりメディアにも取り上げられている。この曲は人気アニメ「鋼の錬金術師」の初代エンディングテーマに抜擢され、ラジオのレギュラー番組のスタートやインストアツアーの開催など活発に活動した。2004年に2ndシングル「撃たれる雨」をリリースすると、この曲がテレビ東京「JAPAN COUNT DOWN」のエンディングテーマに起用。同年に待望の初全国ツアーを開催した。

その後も4thシングル「pureness/七色」はテレビ東京アニメ「冒険王ビィト」のエンディングテーマとSuper Network Drama Ⅲ「19borders」の主題歌に、2005年にリリースした5thシングル「KISS or KISS」は篠原涼子主演の日本テレビ系ドラマ「anego」の主題歌に抜擢。ことごとくタイアップされる楽曲の数々がその個性とクオリティを物語っている。この曲は自身でのオリコン最高位を獲得し、40万を超えるダウンロードを記録。この年には香港のアニメフェス「コミック・フェスティバル」に出場し海外への進出も果たしている。現在も自身が主催するイベント「Bad Grrrls' Night Out #1」など精力的に活動している。

北出菜奈が好きな方はこんなチケットもおすすめ