岸尾だいすけとは、1996年にアニメ「水色時代」でデビューした声優である。他にも2003年には声優仲間の水島大宙とコンビ「BACK DROPS」を結成したり、2013年6月11日、14日に公演された舞台「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 5th letter」などに出演したりなど、俳優、歌手の顔を併せ持っている。広域を出すことができる声を持ち様々な役に徹することや、テンションの高いアドリブの多さでイベントやアニメを盛り上げてくれることでファンの心を掴んでいる。そんな彼の代表作には「ヴァンパイア騎士」の玖蘭 枢役や「金色のコルダ」の柚木 梓馬役があり、今後も様々な活動に期待ができる彼に要注目だ。

岸尾だいすけの日程

115人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

岸尾だいすけのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/26 00:00更新)

岸尾だいすけとは

岸尾だいすけについて

岸尾だいすけとは、三重県松坂市出身の声優、俳優、歌手である。

1974年3月28日生まれの彼は、「だいさく」「だいちゃん」「キッシー」などの愛称で親しまれており、日本初の声優専門芸能事務所「青二プロダクション」に所属している。中学生の時に友達からパロディCDドラマを借りたことがきっかけで声優を意識するようになり、高校では放送部に入部し「学生ビデオコンテスト」などにも出場、特別賞を受賞するなどその才能を磨き上げていった。のちに代々木アニメーション学院で声優学を学び上京すると、大人気アニメ「タッチ」の上杉達也役を演じた三ツ矢雄二に師事し、1996年に声優としてデビューを果たした。

彼の魅力といえば高音から低音まで、さらには男性から女性までの役を演じ上げられることである。年齢や性別にとらわれない彼の声は今や声優界に欠かせないものとなっており、そんな彼を表すエピソードとして、メッセージCD「Voice Colors Series 01. ~情熱~」では女性役も含めて1人9役をこなしたというものがある。今や数え切れないほどの声優がいるが、人間離れした彼の能力は、今後も声優界を牽引して行ってくれることだろう。

岸尾だいすけが好きな方はこんなチケットもおすすめ