奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」とは2014年にフランスで製作され2016年8月に日本公開されるサクセスストーリー映画である。今作にも出演している当時18歳だった落ちこぼれクラスの元生徒アハメッド・ドゥラメ本人の体験を元にマリー・カスティーユ・マンシオン・シャール監督と脚本を共同執筆し完成させた作品だ。主演のアンヌ先生は1996年に「マルセイユの恋」でセザール賞主演女優賞を受賞した名女優アリアンヌ・アスカリッドが迫真の演技で演じる。2014年にはカンヌ国際映画祭正式出品され2015年にはアハメッド・ドゥラメがセザール賞最優秀新人男優賞ノミネートされた「奇跡の教室」を観に劇場に出掛けてみてはいかがだろうか。

奇跡の教室の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」について

映画「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」とは

「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」は2014年にフランスで製作された映画で、実話をもとに製作された感動のサクセスストーリである。
「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」に出演している当時18歳だった落ちこぼれクラスの元生徒アハメッド・ドゥラメ本人が監督にメールを直接送ったところからこの映画が産声を上げ、アハメッド・ドゥラメと監督のマリー・カスティーユ・マンシオン・シャールとで脚本を共同執筆している。

貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期、々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌが赴任してくるところからストーリーは始まる。
生徒たちを全国歴史コンクールに「ナチス」という難しいテーマで参加するように促すが強い反発を受ける。
教師であるアンヌはユダヤ人が大量に虐殺されたアウシュヴィッツ強制収容所の生存者を授業に招待し、生徒たちは生き証人の悲惨な話を聞き少しずつ心境を変えていく。

2014年にはカンヌ国際映画祭正式出品され2015年にはアハメッド・ドゥラメがセザール賞最優秀新人男優賞ノミネートされるなどフランスでは反響のあった「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」、ぜひ感動のサクセスストーリを味わっていただきたい。

奇跡の教室が好きな方はこんなチケットもおすすめ