Kiroro(キロロ)はJVCエンタテインメントの所属する2人組の音楽グループである。メンバーはボーカルを務める玉城千春とピアノとボーカルを務める金城綾乃。2人とも沖縄県中頭郡読谷村出身で高校時代の同級生である。玉城が短大、金城が専門学校在学中であった1996年に「長い間」でインディーズデビュー。1998年には同じく「長い間」でメジャーデビューを果たすとその年から2年連続でNHK紅白歌合戦へ出場、2001年も合わせて計3回出場している。2005年になると玉城、金城ともに結婚。その後、互いに子宝に恵まれ、私生活を大事にしながら自分たちのペースでゆっくり音楽活動を続けるスタイルでKiroroは今も新しい音を紡ぎだしている。

Kiroro(キロロ)の日程

186人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Kiroro(キロロ)の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Kiroro(キロロ)のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

Kiroro(キロロ)について

Kiroro(キロロ)の魅力とは

ボーカルの玉城千春、ピアノとボーカルの金城綾乃の2人からなる音楽グループKiroro。学生時代の1996年にインディーズデビュー。このデビュー曲「長い間」は地元のローカルCMに起用され1万枚以上を売り上げる記録となった。
もともと玉城が曲を作り、金城が演奏するというスタイルであったが現在は2人がそれぞれ作詞、作曲をする形になっている。グループ名の「Kiroro」は玉城が幼い頃に北海道へ行った際、そこで耳残ったアイヌ語、人間が踏み固めた広い路の意味の「Kiroru」と、健やか、大きい、盛んなどを意味する「Kiroro-an」から命名されている。

1998年には同じく「長い間」でメジャーデビューを果たすと、その年から2年連続でNHK紅白歌合戦へ出場、2001年も合わせて計3回出場している。2005年に2人とも結婚すると互いに子宝に恵まれ、私生活を大事にしながら音楽活動の休止と再開を繰り返すのがKiroroの活動スタイルになっていった。
2人で活動出来ない時は玉置がソロでコンサートを開催したこともある。2015年には同じくメンバー全員が沖縄県出身のバンド「HY」と新ユニット「さんご」を結成。
デビュー作「いのちのリレー」はNHK沖縄放送局の終戦70年キャンペーンのテーマソングに起用されている。

Kiroro(キロロ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ