映画「きょうのキラ君」は2011年より別冊フレンドに連載されている漫画が原作の実写映画である。主人公のニノ役には雑誌「Seventeen」の専属モデルでも知られる飯豊まりえ。「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」ではキラという役を演じていたという彼女が今作では高校生ニノを演じる。キラ役にはファッション誌「ViVi」の「次必ず好きになる男ランキング」で1位を獲得、NHK大河ドラマ「真田丸」にて豊臣秀頼役に抜擢され今作が映画初主演となる中川大志。中川は今作の主演にあたり「見終わった後に自分の大切な人に会いたくなる、そんな作品になればいいなと思います」と語っている。こんな初々しい2人が主演の「きょうのキラ君」、是非劇場へ足を運んで貰いたい。

きょうのキラ君 舞台挨拶の日程

16人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画「きょうのキラ君」について

映画「きょうのキラ君」とは

映画「きょうのキラ君」は2011年より別冊フレンドに連載されている漫画が原作の実写映画である。

インコを肩に乗せていることから鳥女と言われている主人公の岡村ニノン。人と関わることが苦手な高校1年生。
そんなニノンことニノが隣の家に住む遊び人の吉良ゆいじに惚れてしまう。しかしこのゆいじことキラには秘密があり、これを知ったことから2人の運命は交錯する。これは人生でもっとも輝く365日の恋の話だ。

主人公のニノ役には雑誌「Seventeen」の専属モデルでも知られる飯豊まりえ。みんなに愛されるような女の子になれるようイメージしながら、笑顔を大切に演じることを心がけたという。キラ役にはファッション誌「ViVi」の「次必ず好きになる男ランキング」で1位を獲得、NHK大河ドラマ「真田丸」にて豊臣秀頼役に抜擢され今作が映画初主演となる中川大志。中川は今作の主演にあたり「見終わった後に自分の大切な人に会いたくなる、そんな作品になればいいなと思います」と語っている。

原作の作者は「SHE'S ALL THAT」で第18回BF新人まんが大賞佳作を受賞しデビューしたみきもと凜。代表作である「近キョリ恋愛」は2014年にジャニーズの山下智久主演で実写映画され公開されている。

きょうのキラ君 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ