紀尾井ホールは、1995年に開館したコンサートホールである。建築物の正式名称は新日鐵住金紀尾井ビルディングであり、新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)の創立20周年の記念事業として建設されている。事業運営は、公益財団法人新日鉄住金文化財団が行っており、設計から施工まで新日鐵住金が関与している。ホール施設は、紀尾井ホールと紀尾井小ホールの2つに分かれており、構造も客席数も異なる2つの特色を持ち合わせている。また、ステージマネージャーと呼ばれるホール付きの総合サポート人員が配備されており、最高の演奏会を実現するための運営アドバイスなどのサポートが受けられる。

紀尾井ホールの日程

20人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

紀尾井ホールのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 00:00更新)

紀尾井ホールについて

紀尾井ホールの魅力とは

紀尾井ホールは、公益財団法人新日鉄住金文化財団が運営するコンサートホールである。新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)の創立20周年の記念事業として1995年に建設され、設計・施工には新日鐵住金が携わっている。

紀尾井ホールのホール施設は、紀尾井ホールと紀尾井小ホールの2種類に分かれている。紀尾井ホールは、直方体にシューボックス型の形状を採用しており、欧州の伝統スタイルを継承している。それでいて1階にもバルコニー席が配置され、ステージと客席に一体感が味わえるものとなっている。また、こちらのホールには最高の演奏会を実現するための運営アドバイスなどのサポートを行うホール付きのステージマネージャーが配置されているのが大きな特徴である。

そして紀尾井小ホールは邦楽の演奏に特化した構造となっており、音の響きが明瞭になるように比較的短い残響時間になるよう設計されている。また同財団では、紀尾井ホールを拠点に活動する、二管編成の室内オーケストラ・紀尾井ホール室内管弦楽団を運営しており、現在では国内有数の室内オーケストラとして知られている。伝統と日本の技術が融合した音楽ホールに一度訪れてみてはいかがだろうか。

紀尾井ホールが好きな方はこんなチケットもおすすめ