木下大サーカスは岡山県岡山市北区に本部を持つ、2002年には創立100周年を迎えた由緒正しきサーカス団である。現在は年間120万人の観客動員数を誇る。これは、アメリカのリングリング・サーカスに次いで世界第2位にランクされ、世界3大サーカスまでに成長している。サーカスの内容は、ダブル空中ブランコショー、かわいい象さんのショー、空中大車輪、奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショーなど、様々なプログラムが組まれている。また、日本の持ち味を活かし、一丁梯子や坂綱といった日本の古典芸も行なっている。細部までこだわった、迫力満点のエンターテインメントショーをぜひご覧いただきたい。

木下大サーカスの日程

574人が登録中

すべての公演 出品中 (23) リクエスト中 (14)

もっと見る(218件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

木下大サーカスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/23 06:00更新)

木下大サーカスについて

木下大サーカスの魅力とは

木下サーカスは100年以上続く由緒正しきサーカス集団である。発足のきっかけは、初代団長である木下唯助が、サーカスの揺籃期にあたる1902年に大連で旗揚げしたことからである。その後、ロシアのサーカス団の空中ブランコを取り入れるなどの施策により徐々に拡大していった。現在は、世界第2位の年間観客動員数120万を誇るまでに成長し、世界3大サーカスまでに成長を遂げている。木下サーカスの功績は世界中に知られており、木下サーカス株式会社代表取締役の木下唯志は世界サーカス連盟の役員にも選出されている。これは木下サーカスが世界トップレベルの影響力を持つ、サーカス集団だと認められている証拠だろう。プログラムではライオンなどの動物による派手なパフォーマンスや、空中を駆け回るアクロバットショーなどを披露している。

また、木下サーカスは慈善活動にも積極的に参加している。タイの象を保護する目的でタイ政府に収益の1部を送り、病院の建築を行った。東日本大震災時にも、収益の一部と「被災者に夢と希望を!」とサーカスの招待券8万枚を贈っている。

木下サーカスは、人を楽しませるだけでなく、喜びと希望を伝えることのできる最高のパフォーマンス集団である。ぜひ会場に足を運び、彼らの舞台を目に焼き付けていただきたい。

木下大サーカスが好きな方はこんなチケットもおすすめ