舞台「ハイスクール奇面組」は、過去に週刊少年ジャンプで連載されていたギャグマンガを舞台化した作品である。新沢基栄が原作を書いた本作は、主人公の一堂零を中心に冷越豪、出瀬潔、大間仁、物星大の奇面組5人が、学園で様々な騒動を巻き起こすドタバタギャグマンガとなっている。新沢基栄の代表作でもあり、約7年間ジャンプ本誌にて連載されていたほか、テレビアニメ化も果たしている。昨年の11月に舞台化が決定し、Twitter上でハッシュタグをつけることで誰でも応募できるという変わった手法でのキャストオーディションは話題となっていた。30年以上の時を経て実写舞台化が決定した「ハイスクール奇面組」の舞台がどのような出来栄えになるのか、かつて原作を読んでいた世代を中心に注目を集めている。

ハイスクール奇面組の日程

78人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ハイスクール奇面組の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ハイスクール奇面組のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/13 12:00更新)

舞台「ハイスクール奇面組」について

舞台「ハイスクール奇面組」の魅力とは

「ハイスクール奇面組」は、前身である「3年奇面組」から数えるとトータルで約7年間、週刊少年ジャンプで連載されていた作品である。コミックスは全26巻が発売されており、テレビアニメ化もされていたことから知名度は非常に高い。原作者新沢基栄の代表作であり、現在でも根強いファンが多く存在している。本作は奇面組の名に違わず変な顔の5人組が、クラスメイトや学校全体を巻き込みながら、日夜、変態と称したドタバタ劇を繰り広げる学園ギャグコメディとなっている。

原作の連載終了からおよそ30年越しの実写舞台化発表ということや、出演者を変わった方式のオーディションで一般からも募集するなど、詳細が公開される前から多くの話題を集めることとなった。脚本・演出は、同じくジャンプ作品のギャグマンガである「ギャグマンガ日和」の舞台版で演出を手掛けたなるせゆうせいが務めることが発表されている。出演者のオーディションを敢えて一般投稿もできるTwitterを利用しおこなっていることから、この「ハイスクール奇面組」が新たな若手舞台俳優の発掘に繋がるのではないかという点にも期待が集まっている。

ハイスクール奇面組が好きな方はこんなチケットもおすすめ