林家木久扇は「笑点」でお馴染の落語家である。1969年より国民的長寿テレビ番組である「笑点」のレギュラーを務める。黄色い衣装に身を包み、林家木久蔵の名前で親しまれていたが2007年に林家木久扇に改名している。「笑点」においては脱力系のおバカキャラとして知られるが実際はとてもインテリで頭がいいとされている。落語についても5代目三遊亭圓楽が「木久蔵さんの落語で笑わない奴はいない」と言わせた程でその実力は折り紙付きである。その才能は落語だけにとどまらず、絵師としても有名で個展も開催。俳優としての映画出演や声優としての出演。若いアーティストの楽曲に参加など林家木久扇は多方面においてその才能を発揮、活躍している。

林家木久扇の日程

13人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

林家木久扇のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 06:00更新)

林家木久扇について

「笑点」のレギュラーでお馴染の林家木久扇とは

1969年より国民的長寿テレビ番組である「笑点」のレギュラーでお馴染の林家木久扇。2007年に林家木久蔵から林家木久扇に改名。この時「木久蔵」の名は息子であり弟子の林家きくおに譲っている。
「笑点」においてはネタを途中で忘れるなど脱力系のおバカキャラで親しまれているが実際はとてもインテリ。別の番組では「笑点」とは全く違う顔を見せることで知られている。

幼少時代には空襲を経験しており、幼い頃から新聞配達などで一家を支えて来た林家木久扇は、噺家の経済についてとてもシビアな考えを持っている。大のラーメン好きであることから全国ラーメン党を結成、木久蔵ラーメンをチェーン展開しているものこの経済観念に基づいている。かつては漫画化を目指していたこともありとても絵が上手く、絵師としても活躍。1992年には日本漫画家協会会員に推薦をうけ正会員になっている。
その才能は本格的なもので個展も開催、東京郵政局のポスターも手掛ける程である。落語、絵師にとどまらず、市川崑監督作品「犬神家の一族」への出演や「ドラえもん のび太の南海大冒険」では声優にも挑戦。
2012年にはももいろクローバーZ扮する桃黒亭一門の楽曲「ニッポン笑顔百景」にて小噺を披露するなど様々な分野で活動をしている。

林家木久扇が好きな方はこんなチケットもおすすめ