数多くのスター・ダンサーを生み出してきたウクライナの名門劇場、キエフ・バレエ。140余年の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称されている。「白鳥の湖」や「眠りの森の美女」、「くるみ割り人形」などのクラシックの代名詞ともいえる古典の名作はもちろんのこと、現代作品、ウクライナならではの作品まで幅広いレパートリーを持ち、バレエ界を代表する多くのスターダンサーを輩出してきた。ウクライナ国内のみならず、海外での公演も精力的に行っており、日本でも1972年以降公演を重ね成功を収めている。キエフ・バレエが誇るトップソリストや美しいバレリーナたちを一挙に見られる豪華なステージは必見だ。

キエフバレエの日程

148人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

キエフバレエのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/26 06:00更新)

キエフバレエについて

キエフバレエの魅力とは

名門バレエ団 キエフ・バレエ。本拠地は、140年の歴史を誇るタラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立オペラ・バレエ・キエフ・アカデミー劇場。この劇場はモスクワのボリジョイ劇場、サンクトペテルブルグのマリインスキー劇場とともに旧ソ連における三大劇場と称されている。
現在、キエフ・バレエは、ヨーロッパで最も優れたバレエ団の一つに数えられ、数多くのスターダンサーを輩出している。レパートリーには「白鳥の湖」や「眠りの森の美女」、「くるみ割り人形」などのクラシックの代名詞ともいえる古典の名作から、「愛の伝説」「赤いけし」、そのほかウクライナならではの「森の詩」など幅広い演目を誇り、ヨーロッパ各国やアメリカをはじめ、海外でも高い評価を得ている。ウクライナの国立オペラ・バレエ・キエフ・アカデミー劇場では、毎月十数回もの上演をしており、国内でのその人気がうかがえるだろう。
そんな一世紀半もの歴史を誇るキエフ・バレエが、ウクライナから来日することが決定。2017年の幕開けとなる公演で全演目の主演に抜擢されたのは、エレーナ・フィリピエワ。芸術監督アニコ・レフヴィアシビリの振り付けによる現代作品の上演に期待が高まる。

キエフバレエが好きな方はこんなチケットもおすすめ