吉例顔見世大歌舞伎(きちれいかおみせおおかぶき)とは、歌舞伎座で毎年11月に行われる公演である。 2015年は松竹創業120周年、十一世市川團十郎五十年祭として11/1(日)~25(水)までの約1ヶ月間、大々的に上演される他、出演する市川海老蔵の長男堀越勸玄の初お目見得も行われる予定だ。 演目は、昼の部(1.実盛物語、2.若き日の信長、3.曽我綉俠御所染)、夜の部(1.江戸花成田面影、2.元禄忠臣蔵、3.歌舞伎十八番の内 勧進帳、4.河内山)となっており、役者は菊五郎、幸四郎、梅玉、染五郎、松緑、海老蔵など豪華な顔ぶれが揃う。 11月は1年の中でも豪華な俳優陣が揃う公演であり、ましてや海老蔵氏の長男お披露目という話題性もあることから、この公演のチケットはいつも以上に高騰が予想される。

吉例顔見世大歌舞伎の日程

523人が登録中

すべての公演 出品中 (67) リクエスト中 (8)

もっと見る(69件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

吉例顔見世大歌舞伎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

吉例顔見世大歌舞伎について

吉例顔見世大歌舞伎(きちれいかおみせおおかぶき)とは、毎年11月に歌舞伎座で行われる公演だ。 この「顔見世」という公演名だが、江戸時代から11月の公演は翌年の役者の顔見せを行う、という意味合いを持っていたことからそのタイトルがついた。 現在は毎月役者も変わることから「来年の顔見せ」という意味合いはなくなったが、公演名のみが引き継がれている。

さて、2015年は11/1(日)~25(水)まで松竹創業120周年、十一世市川團十郎五十年祭として大々的に上演されることになっており、演目は昼の部(1.実盛物語、2.若き日の信長、3.曽我綉俠御所染)、夜の部(1.江戸花成田面影、2.元禄忠臣蔵、3.歌舞伎十八番の内 勧進帳、4.河内山)。 演者も菊五郎、幸四郎、梅玉、染五郎、松緑、海老蔵など顔見世にふさわしい顔ぶれが揃っているが、今回は出演者である市川海老蔵氏の長男堀越勸玄が、「江戸花成田面影」で初お目見得を果たすことになっており、大変注目を集めている。

戦後最大の人気役者 十一世團十郎を偲ぶ今公演。豪華な演者や海老蔵長男初お披露目など世間の関心も大変高くなっていることから、チケットの入手も大変困難なものになると予測される。

吉例顔見世大歌舞伎が好きな方はこんなチケットもおすすめ