Khatia Buniatishvili(カティア・ブニアティシヴィリ)は、ジョージア(日本では過去にグルシアとよばれていた国)出身のピアニストである。現在はフランス・パリ在住。3歳の時から母親の下でピアノのレッスンを始めた。幼い頃は、母から与えられたモーツァルトのレクイエムを聴くことに熱中していた。6歳でトビリシの室内管弦楽団と初のコンサートを行い、10歳でヨーロッパ、ウクライナ、アルメニア、イスラエル、アメリカ合衆国でコンサートを行った。ピアノについての想いが強く「音楽の孤独の象徴」と表現している。ヴァイオリンも見事に弾きこなしたがピアノを演奏することを選んでいる。2008年にデビューし、2010年にボレッティ・ブイトーニ財団賞を受賞。その後は多くの音楽家や交響楽団と共演した。

Khatia Buniatishviliの日程

53人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Khatia Buniatishviliの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Khatia Buniatishviliのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 00:00更新)

Khatia Buniatishviliについて

Khatia Buniatishviliの演奏の魅力とは

世界的に活動している独創的なピアニスト、Khatia Buniatishvili。

ジョージア(日本では過去にグルシアとよばれていた国)出身のピアニストであり、現在はフランス・パリに在住している。母親の下、3歳の頃からピアノのレッスンを始めた。幼少期は、母から与えられたモーツァルトのレクイエムを聴くことに熱中していたという。6歳でトビリシの室内管弦楽団と初コンサートを開催、10歳でヨーロッパ、ウクライナ、アルメニア、イスラエル、アメリカ合衆国でコンサートを行った。特にピアノについての想いが強く「音楽の孤独の象徴」と表現している。彼女はヴァイオリンも見事に弾きこなしたが、ピアノを演奏することを選択している。2008年にデビューし、2010年にはボレッティ・ブイトーニ財団賞を受賞した。さらに同年、Sony Classicalと契約を結んだ。

2011年にはデビューアルバムを発売し、彼女の独創的な演奏を多くの人に届けている。ウィーン楽友協会とウィーン・コンツェルトハウスにより2011、2012シーズンのライジングスターとしてノミネートされた。日本で演奏を聴ける機会は極わずかなので、来日公演が行われる際は、参加できるならば迷わず足を運ぼう。

Khatia Buniatishviliが好きな方はこんなチケットもおすすめ