KEYTALKは2009年に小野武正(Gt.)、首藤義勝 (Vo./Ba.)、寺中友将(Vo.&Gt.)、八木優樹 (Dr.&Cho.)の4人によって結成されたロックバンド。彼らの底抜けに明るく楽しいアッパーチューンで人気急上昇中である。ツイン・ボーカルから繰り出される、軽快に跳ねるサウンドに乗った美メロが特徴。その魅惑のポップ・チューンの中毒患者は急上昇中で、全国各地でチケットはソールドアウト連発!彼らは全国のライブハウスで観客を狂喜乱舞させ、現在の日本のライブ・シーンで突出した存在感を誇ってきた。2012年にリリースしたマキシシングル「KTEP2」がインディーズチャートの1位に輝き、さらに翌年アルバム「ONE SHOT WONDER」も3位にランクインするなど、インディーズ時代から眩いばかりの光を放っていた。2013年には遂に満を持してメジャーデビュー。これからもKEYTALKの快進撃にさらにドライブがかかること間違いないだろう。

KEYTALK(キートーク)の日程

7,917人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

KEYTALKのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/27 12:00更新)

KEYTALKについて

KEYTALKの魅力とは

KEYTALKは人気急上昇中の4人組ロックバンド。下北沢を活動拠点としていて、作品を発表する度に下北沢の商店街では幟や店頭ビラで宣伝を行っている。ライブのチケットは即日完売し、フェスでも彼らのライブは大盛り上がりを見せている。

彼らの楽曲の魅力はなんといっても「踊れるけど心に残るメロディー」だ。踊りやすい四つ打ちのリズムに、日本語の歌詞とメロディーが巧みに乗せられている。また、変拍子や転調が駆使されていていることも特徴的だ。楽曲を聴いていると突如として起こる変拍子や転調は、一度聴いたら頭から離れない中毒性がある。そして、寺中と首藤によるそれぞれ別の色合いを帯びた歌声が、涼しげでアンニュイな響きを奏でている。

ライブでは、振り付けによって会場全体の一体感が味わえることも魅力の一つと言える。「MABOROSHI SUMMER」や「MONSTER DANCE」はPVや動画で振り付けが公開されているため、覚えておくとライブをより楽しむことができるだろう。肩肘を張らないリラックス感、メンバー間のトークも、またライブに行きたくなる理由と言えるかもしれない。一度足を運んだら、二度と離れられないだろう。

KEYTALK(キートーク)が好きな方はこんなチケットもおすすめ