KenKen(ケンケン)とは、バンドやソロなど多彩な方面で活動するベーシスト。両親兄共々音楽に携わる、生まれながらのアーティストとして育ってきた。現在ベーシストとして国内で高い実力を発揮しており、そのきっかけとなるのは幼い頃聴いたレッド・ホット・チリ・ペッパーズである。2006年には兄の所属していたバンドRIZEに参加。高い実力を見せつけ、翌年には最年少で音楽雑誌「ベース・マガジン」の表紙を飾る。当時21歳という若さでありながら既にカリスマと呼ばれ、その後実に多くのバンドに参加していることから彼の確かな実力が伺い知れる。バンドとして活動する一方でソロ活動も行っており、いずれも高い評価を得ている。音楽一家に育つ身とし、充分な才能と努力により国内でも有数のベーシストへとなっている。

KenKen(ケンケン)の日程

31人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

KenKenの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

KenKenのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/22 12:00更新)

KenKenについて

KenKenの魅力とは

KenKenとは、音楽一家に生まれ才能と努力により多数の活動をこなす国内屈指のベーシストである。幼い頃から音楽に囲まれた生活で、さらに兄も影響でベースの練習を始めると瞬く間に才能が開花。若干15歳でライブハウスでの活動を始めるまでに至った。兄はバンド界でもその名を知らぬ実力者だったRIZEのドラマー・金子ノブアキ。母は歌手として父もまたドラマーとしてその血に音楽という文字を刻まれているかのような才能を見せる。

2001年に「JERK EGGPLANT」に参加。本格的なバンド活動を開始すると、翌年には総勢28人という大型バンドに参加。そこから次々と多数のバンドで活動経験を経て2006年ついに兄のいるRIZEへと参加する。ソロ活動も同時に開始しアーティストとして業界に名を馳せ、その後も様々なバンドに参加。Dragon Ashではサポートメンバーとして活動したほか、2013年にはムッシュかまやつとバンドを組むなどベテランミュージシャンからの信頼も厚い。ほかにも原発問題などの団体「オペレーション・コドモタチ」への賛同者などとしても取り上げられる。普段はベーシストとして活躍する中で時には自らメッセージを発信することもあり、音楽だけでなく多方面へ目を向けているアーティストと言えるだろう。

KenKen(ケンケン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ