研ナオコは静岡県田方郡天城湯ヶ島町出身の歌手、タレント、女優、コメディアン。芸名である「研」の由来は、当時の所属事務所「研音」の文字をとって名付けられた。1967年に静岡放送の「のど自慢大会」に出場し準優勝。1970年に歌手を目指して上京した。1971年に東宝レコードの第1号歌手としてファーストシングル「大都会のやさぐれ女」をリリースしてデビューを果たす。1976年の「LA-LA-LA」で「第27回NHK紅白歌合戦」に初出場。1978年に中島みゆき作詞、作曲による「かもめはかもめ」で2回目の「紅白歌合戦」への出場を果たした。その後もヒット作を多く世に送り出しつつ、数多くのCMやバラエティー番組に出演してきた。

研ナオコの日程

80人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

全て

高知県民文化ホール他1会場

ウェスタ川越他7会場

日本武道館

市原市民会館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

研ナオコのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 12:00更新)

研ナオコについて

研ナオコの魅力とは

シンガーとしてだけではなく、タレントやコメディアンとしての名声も高い研ナオコ。静岡県田方郡天城湯ヶ島町出身。1967年に静岡放送の「のど自慢大会」に出場し、準優勝を手にする。1970年に歌手を目指して上京。1971年に東宝レコードの第1号歌手としてファーストシングル「大都会のやさぐれ女」をリリースし、デビューを果たした。1976年の「LA-LA-LA」で「第27回NHK紅白歌合戦」に初出場。1978年に中島みゆきの作詞、作曲による「かもめはかもめ」で2回目の「紅白歌合戦」への出場を果たした。

その後もヒット作を多く世に送り出しつつ、数多くのCMやバラエティー番組に出演。2001年には日本テレビの「第24回 24時間テレビ 愛は地球を救う」で歴代初の女性チャリティーマラソンを完走した。2017年の舞台「梅沢富美男劇団特別公演 アッ!とおどろく夢芝居」の公演中に転倒し骨折。しかし、驚異的な回復力により2ヵ月も経たずに復帰している。現在もコンサートに舞台にディナーショーにと活動している研ナオコを応援したい。

研ナオコが好きな方はこんなチケットもおすすめ