KEELとは日本のロックバンドである。男性4人からなるグループであるが2017年5月の下北沢SHELTERの公演を最後にドラムのTomoiが脱退する。兼ねてより活動のあったメンバーを集結させ結成されたが、2013年にはその活動は一度だけ。その後活動を控えることになる。活動しては控えを繰り返し、これまで音源「Cthulhu」を始めいくつかのCDを発表。ワンマンツアーの公演を収録したライブCDなどもリリースしている。個々で活動していたという経験をもとに個性あふれる音源を提供する一方、中には誰しもが楽しむことができるキャッチーな曲も提供している。特に数多くの活動をしてきたボーカルryoとギターaieのコラボレーションはファンの間でも話題に。一部ではモンスターバンドとの呼び声も挙がっている。

KEEL(キール)の日程

28人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

KEELのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/19 06:00更新)

KEELについて

KEELの魅力とは

KEELとは2013年から活動している日本のロックバンド。メンバーはそれぞれ兼ねてから他のバンド活動をしていた実力者であり、ファンの間では世代を超えたバンドだと話題である。ボーカルは元9GOATS BLACK OUTのryo、ギターはdeadmanとして活躍したaie、ベースは元ギルガメッシュの愁、ドラムはC4のTomoi。

水面下での活動が多く浮上してはまた控えてを繰り返しているが、その数少ないライブなどの活動でも確かにファンは増え続けこれまでいくつかのCDをリリースしている。ロックバンドの経験者が集まることで曲はさらなる深みを持ち、ただ激しいだけで終わらないのがKEELの特徴と言えるだろう。激しい曲の合間にはミディアムなテンポの曲を織り交ぜることで独特の風味を醸し出している。中にはバラードのような穏やかな曲も存在する。特に3rdアルバムの1曲「知り過ぎた心臓」ではイントロに特徴的なリフを持ってくることで曲へのこだわりを見せている。

まだ活動の浅いバンドではあるものの、音楽へのこだわりは他と一線を画しさらにこのバンドをまだ知らない層まで取り込む曲を作り出している。それができるのはそれまで多くの経験を積んだベテランたちが組んだこのバンドならではの特技と言える。

KEEL(キール)が好きな方はこんなチケットもおすすめ