ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は、オランダ・アムステルダムにある世界的オーケストラである。英語表記では「Royal Concertgebouw Orchestra」で、「RCO」と略称で呼ばれることが多い。1888年にオランダ語でコンサートホールの意味のコンセルトヘボウの専属オーケストラとして誕生した。創立100周年を迎えた1988年には、オランダの「ベアトリクス女王」より「ロイヤル」の称号を下賜され、現在の「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」へ改名されている。現在オーケストラを構成している楽員は、20以上の国から選抜された120人が在籍しており、大編成であっても一人一人の力量は高く、お互いの信頼関係から生まれる繊細な音色が高く評価されている。

ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団の日程

148人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/23 12:00更新)

ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団について

ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団の魅力とは

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は、オランダ・アムステルダムを拠点に活動する世界屈指のオーケストラである。英語表記の「Royal Concertgebouw Orchestra」から「RCO」と略称で呼ばれることが多い。コンセルトヘボウとは、オランダ語で「コンサートホール」を指しており、このオーケストラの始まりは1888年にコンセルトヘボウ専属のオーケストラとして誕生している。なお、当初はその名の通り「コンセルトヘボウ管弦楽団」であったが、創立100周年を迎えた1988年にオランダの「ベアトリクス女王」より「ロイヤル」の称号を下賜されたため、現在の「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」へ改称された。それぞれの楽器セクションにおいて、弦楽器セクションは「ビロードのよう」に、金管楽器セクションは「黄金の響き」のように、木管楽器の音質は「際だって個性的」と、類稀な音色は古くから定評を得ている。中でも打楽器セクションには国際的に高く評価されており、全世界に多大な影響を与える音色と言えるだろう。毎年世界各地40か所ほどの主要なホールで演奏しているが、2017年は11月頃に来日予定で、今から「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」の日本ツアーが楽しみである。

ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ